行政書士試験と社会保険労務士試験はどちらが難しい?

ご存知のとおり、私は行政書士・社会保険労務士事務所を運営しています。

 

 

すると、いろんな人からこんな質問を受けます。

 

 

行政書士試験と社会保険労務士試験は、どちらが難しかったですか??

 

 

 

この答えは、人によってもかなり変わってくるでしょうし、受験した年によって難易度が違います。

 

 

 

だから、今から言う意見は、完全に個人の主観です。

 

 

参考までに、私が受験した年のデータを記載しておきます。

 

行政書士試験

受験年度:平成15年度

勉強期間:6ヶ月

合格率:2.89%

 

社会保険労務士試験

受験年度:平成16年

勉強期間:8ヶ月

合格率:9.4%

 

 

どちらの試験も独学で受験して、その感想を主観で答えるとこんな感じになります。

 

 

合格が難しいと思う試験は、行政書士試験

 

 

精神的にきつかった試験は、社会保険労務士試験

 

 

 

行政書士試験は、6ヶ月間やれるだけのことを最大限やりました。

test_benkyou_boy


スポンサーリンク

 

 

その結果、苦しんでギリギリ合格で、運がかなり良かったと思います。

 

 

 

社労士試験も、8ヶ月間のうち、6ヶ月間はやれるだけのことを最大限やれました。

 

 

 

その結果、こちらも苦しんだんですが合格ラインに少し余裕がありました。

 

 

 

運もありましたが、実力で合格したという手ごたえがあります。

 

 

 

では、なぜ精神的にきついと思ったのかといいますとズバリ、足きりです

 

 

 

社会保険労務士試験には、各科目ごとに一定の点数が取れなければ、他の科目が満点であっても合格できないんです。

 

 

 

苦手科目を作れない!

 

 

苦手科目を捨てて、得意科目で稼ぐということができない!

 

 

勉強がかなり進んで、合格ラインの実力を身につけても、本番で1科目でも足きりにあえば不合格です。

 

 

 

選択式と択一式で合計15科目の足きりがあります。

 

 

 

これは、精神的にかなりきます。

 

 

 

そのため、「行政書士試験と社会保険労務士試験は、どちらが難しかったですか??」と聞かれたら

 

 

合格が難しいと思う試験は、行政書士試験

 

精神的にきつかった試験は、社会保険労務士試験と答えるようにしてます。

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログは、ふざけていても仕事は真面目
行政書士・社労士市川事務所の公式HP

ここでしか見られない重要な情報が満載

市川事務所のフェイスブックページ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。