なつかしの内容 超実録裏話ファミマガ創刊26年目に明かされる制作秘話集

「ファミリーコンピュータマガジン」

 

 

ファミコン世代なら必ず読んだことがあるはずです!

 

 

 

その元編集長が今だから明かす雑誌編集時の裏話がてんこ盛りな本

 

それがこれです!

 

リアルタイムでファミリーコンピュータマガジンを読んでいたので、なつかしさのあまり即買いしちゃいましたo(^▽^)o

 

 

 

これを読むと、当時の編集はホント大変だったんだなーと思い知らされます。

 

 

 

画面の写真を撮るのも、今のように画面のハードコピーが取れるわけではないので、本当に画面の写真を撮るしかありません。

 

 

 

 

しかも、撮りたい瞬間を収めるのは至難のワザ!

 

 

 

このあたりの裏話なんかもしっかりと載ってます。

 

 

 

そして、ファミコン時代のゲームと言えばなんといっても「スーパーマリオブラザーズ」です!

 

 

 

当時の子供は衝撃を受けて、画面にかじりついてプレイしてました。

 

 

 

その攻略本に関する裏話も載っていてなかなか面白かったです。

 

 

 

他にも、ファミリーコンピュータマガジンと言えば、「ウル技」です。

 

 

 

当時の編集部は、この「ウル技」に関する電話問い合わせが本当に多くて、その対応にかかる時間に本当に悩まされていたみたいです。

 

 

 

市川当事務所でも、電話対応にかかる時間はいろいろと悩んでるので、気持ち分かるなーって、妙に納得しちゃいました。

 

 

 

でも誤解しないでくださいね。

 

 

 

お客さんからの電話だったら時間をかけてでもしっかり対応してますし、何の問題もありません。


スポンサーリンク

 

 

 

困るのは

 

 

1.○○について(タダで)聞きたいんですが。とか教えてほしいんですがと言ってくる人。

 

当事務所は、無料相談所じゃないし、しかも電話で聞いただけだと詳しい状況が分からないので、正しい判断ができません!

 

 

 

2.HPを見て電話してきてるのに、「依頼したら料金はいくらですか?」って聞いてくる人。

 

料金はHPにはっきりと書いてあるし、たいていこの質問をしてくる人は依頼してこない(単に安いところに依頼したいだけで、そのパフォーマンスは気にしていない!)

 

 

 

 

と、ちょっと脱線しましたが、電話対応の苦労は身に染みてるので編集部の苦労が想像できました。

 

 

 

で。。


 

編集部のすごいのは、それを見事に解決したことです!

 

 

 

すごいなーと思いました。

 

 

 

ファミリーコンピュータマガジンを読んだことがある人なら誰でも知ってる「アレ」で解決したんです。

 

 

ホントすごいや。

 

 

ちなみに、この本は既に続編が出ています。

 

 

当時のファンなら絶対に買いですね!

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログは、ふざけていても仕事は真面目
行政書士・社労士市川事務所の公式HP

ここでしか見られない重要な情報が満載

市川事務所のフェイスブックページ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。