社労士の憂鬱

6月、7月の社労士は本当に忙しいんです!

 

その理由としては、6月、7月に役所に提出しないといけない書類がたくさんあるからです。

現役で活躍する行政書士・社会保険労務士のホンネと建前-頑張って仕事 ・労働保険の年度更新


・社会保険の算定届


・障害者雇用状況報告書


・高年齢者雇用状況報告書


・労働者派遣報告書


・賞与支払届

 

これらの書類を、顧問先の数+単発で依頼いただく会社の数だけ作成して提出です。

 

7月はボーナス月なので、「ボーナスの査定について」、顧問先から相談を受けます。

 

 

社員のボーナスに関わることですから、片手間ではできません。

 

そして、これらの業務は、毎月行っている業務をこなしながら、

それにプラスして

処理していかないといけないんです(ノ_・。)

 

 

これだけでも、かなり大変なのですが当事務所は行政書士も兼業しています。

 

 

そのため、会社設立や各種許可の新規案件もどんどん入ってきます。


スポンサーリンク

 

 

そんなこんなしている間に、紹介を受けて、医院(診療所)の立ち上げ時の労務管理(職員の募集や賃金設定、就業規則作成など)のサポート業務が入ったり

 

 

遠方の会社の就業規則作成業務もどんどん入ってきています。

 

 

さらに、今年の7月はセミナー講師の案件が入りました。

 

 

いい加減な仕事はできませんので、しっかりと資料を作り込み、リハーサルをする必要があります。

 

 

資料作りは、何日もかけて行いますし、とにかく時間をかけて作り込みます。

 

 

そして、これはいつも不思議なんですが、忙しいときに狙ったかのように顧問先で労務トラブルが発生して、その対応にも追われるんです!

 

 

しかも、1箇所だけではなく、複数個所!

 

 

なぜ今??

 

これがマーフィーの法則なのか?(たとえが古い)

 

 

むむむー。

さすがにキツイ(;^_^A

 

8月になって、生きていたら褒めてください(^_^;)

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログは、ふざけていても仕事は真面目
行政書士・社労士市川事務所の公式HP

ここでしか見られない重要な情報が満載

市川事務所のフェイスブックページ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。