小学校の教壇からは全てが見える・・・らしい。

みなさん、子供のころに起きた、どうしてもゆるせない事ってありませんか?

 

 

きっと、みなさん1つや2つはあると思います。

 

 

そして、私にも小学校3年生の時に、どうしてもゆるせない事がありました。

 

 

小学校のときの事なんて、今はほとんど覚えてないんですが、これだけはどうしても忘れることができません!

 

 

この事件で、学校の先生が信じられなくなったほどです。

 

 

今を遡ること約20年前

 

 

まだ汚れていない純粋な市川少年(私)がいました。

まだまじめで、学校の先生の言うことは絶対!

 

 

 

授業中は、おしゃべりをせず、まじめに聴くし

言われたことは、なるべく守ろうとしていました。

 

 

 

そんな小学校生活も3年になり、平和で楽しい日々を過ごしていたのですが・・・。

 

 

 

この後、辛い日々が来ることを市川少年は知らないのでした。

 

 

 

きっかけは、小学校3年生3学期の席替え

 

 

 

当時は2人ずつ机をつけて並べていました。

こんな感じです。

 

 

くじ引きの結果、隣になったのが、お調子者のS君

3学期の間は、S君と隣同士です。

 

 

仲は普通に良かったので、この時は特に気にしてません。

あんなことがあるまでは・・・・。

 

 

 

席替えも無事に終わり、授業が開始!

 

 

 

まだまじめな市川少年は、ちゃんと授業を聴いてます。
(テストの点が良いかどうかは別として・・・)

 

すると、お調子者のS君が授業中に話しかけてきて

 

 

S君:「ねぇねぇ。何かしゃべろうよ」

 

 

私:「・・・・・。」授業中なので無視。

 

 

S君:「ねぇねぇ。」、「ねぇねぇ。」、「ねぇねぇ。」

 

 

私:「もう!今授業中やけ、話したらダメやろ。」

 

 

 

という感じで、S君を注意すると。。

 

 

先生:「こら!そこ!何しゃべってんの!」

 

先生:「市川君!授業中に隣の人に話しかけたらダメでしょ!」

 

ええーっ!オレ??

 

 

何で???

 

 

私:「いや、そうじゃなくて、S君が話しかけてきたので、注意したんです。」

 

 

って事実を説明すると・・・・。

 

 

先生:「言い訳しない!!」


先生:「授業中は静かにしなさい!」

 

 

 

ええーっ!何で???

 

 

これと同じパターンは、何度も起きて一人だけ怒られる日々・・・・。

 

 

例えば、授業中にS君が突然腕に噛みついてきたときも、一人だけ怒られるし・・・・。

 

 

全然納得できないけど、当時の小学校3年生にとって、先生は絶対権力者です・・・・。

 

 

この時も、完全に泣き寝入りしました。(ノ_・。)

 

 

そして、またある日の授業中

 

 

まだまじめな市川少年は、この日も(内容が理解できるかどうかは別として)ちゃんと授業を聴いてます。
(テストの点は、あまり良くないけど・・・・)

 

そして、先生がある問題を出して

 

 

先生:「この問題の答えがわかる人」


スポンサーリンク

 

って言ったので

 

よし!この問題は答えられるぞ!

 

 

私:「はい!」

 

 

と、手を挙げると。

 

 

先生:「はい。市川君」

 

 

 

指名されました!

先生に指名されたので、学校のルールどおりに立ち上がって発表しようとした瞬間・・・・・。

 

 

なんと!S君が話しかけてきました!

 

こちらに顔を近づけてきて

 

 

S君:「ねぇねぇ。この前の話さぁ」

 

 

マジか!

このタイミングで話しかけてくるか普通!

 

 

もうとても信じられないので、「あっち行け!」という意味で、S君の顔を手で押したら・・・・。

 

 

先生:「こら!市川君!」

先生:「S君が発表を聞こうとして、顔を向けているのに、何で手で顔を押すの!」

 

 

ええーーっ!

マジか!信じられん!

 

 

もう、我慢ならん!

 

 

私:「今のは、S君が話しかけてきたので、手で顔を押しただけです!」

 

 

すると・・・・。

 

 

先生:「言い訳しない!」

 

先生:「市川君は、今日の放課後残ってなさい!」

 

 

ええーーっ。何でオレだけ??

 

 

全然納得いかないけど、権力者が言うことは絶対です。

放課後残るしかありません。

 

 

説教されることが確定。

 

 

そして、放課後

 

 

 

先生:「ちょっと教壇に来てみなさい!」

 

先生:「ここからは、教室全部が見えるんよ!」

 

先生:「あなたが話しかけてるところも全部見えてるんだからね!」

 

 

全部見えてるんだったら怒る人間を間違ってるだろ・・・・。

さすがに、ここは事実を伝えないといけないと思い

 

 

私:「いや。そうじゃなくて、話しかけてきてるのは・・・・S君で」

 

 

と言うと、くい気味に

 

先生:「言い訳しない!」

 

 

(@ ̄Д ̄@;)

 

 

 

なんなんだこの先生は。。。。。。

何を言ってるんだこの先生は。。。。。。。

どこが全部見えてるんだ。。。。。。。

 

なーんにも見えてないじゃないか(ノ_-。)

 

 

このとき、「先生なんて、信じられない」と思った市川少年でした。。。

 

 

そして、辛くて長い3学期が終わり

通知表を受け取ると、そこにはこんな記載が

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・。

 

ひどい。。。

 

ひどすぎる。。。。。

 

 

「先生の話を聞くようにしましょう」??

 

 

お前が話を聞けよ!

 

こんな大人にはなりたくないなぁ。。。と思った市川少年でした。

 

探偵ナイトスクープで、この先生探してくれないかなぁ。

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログは、ふざけていても仕事は真面目
行政書士・社労士市川事務所の公式HP

ここでしか見られない重要な情報が満載

市川事務所のフェイスブックページ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。