体の不自由な人にやさしい交通機関の対応

福岡市の地下鉄で、「おっ」と感じたことがあって、ちょっと感動。

 

仕事でたまに地下鉄に乗ることがあるんですが、そんなある日

 

 

目の不自由な人が、駅員さんに手を引かれながら地下鉄に乗ってきたのです。

 

おっ。

 

 

丁寧に手を引いて車両に乗せてあげてる!

 

 

いいよ。駅員さん。

いい仕事してるよ。

 

 

って思ってると、駅員さんはその人を車両に乗せると去って行っちゃいました。

 

 

「うーん。さすがに車両の中までは一緒に乗らないよな。これは仕方ない。」

 

 

そして、電車は走り出したのですが・・・

その人は入口の手すりにつかまったまま、椅子にも座らず立ったまま・・・

 

 

「どうしようかな。サポートした方がいいかな」

 

 

と考えているうちに、次の駅へ到着。

 

 

すると、目の不自由な人を乗せた車両の出入り口付近で、既に駅員さんが待ち構えていました!


スポンサーリンク

 

 

そして、駅員さんが手を引いて車両から降ろしてあげている!

 

 

これには驚き!

 

 

前の駅から連絡を受けて、どの車両に乗せたかまで知らせて、そこでサポートのため待っていたんです!

 

 

 

手を引いて、車両に乗せるところまでは想像できるけど、

 

 

降りる駅の駅員さんにまで、しっかり連絡が行ってるところはスゴイ!

 

 

 

ナイス!駅員さん!

いい仕事してるよ!駅員さん!

 

うちの事務所もこのサービスをお手本にしようと思ったのでした。

 

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログは、ふざけていても仕事は真面目
行政書士・社労士市川事務所の公式HP

ここでしか見られない重要な情報が満載

市川事務所のフェイスブックページ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。