ホテルのレストランの対応に恐縮してしまった

先日、ある会場で講師を務めさせていただいたのですが、その場所が遠方だったので前日に現地入りして宿泊することにしました。

 

 

主催者がホテルや夕食を押さえてくれて、言われるがままホテルへ到着。

 

 

最上階の和食店を予約しているということで、そこに一人で行くと

 

 

なんだこの高級な入口は!

 

 

ヤバイ。

 

 

 

ここは、お金持ちが来るところ。

完全に場違いだ。

どうしましょ。

 

 

緊張しながら席に着き、メニューを見せられる。

 

 

うーん。高級コースばかり。。何を注文しようか。。

 

 

生ものが苦手なのですが、全てのコースには刺身が入っていて注文できないし。。

 

 

というわけで、スタッフの方に相談したところ、単品をお勧めされて単品で定食風にすることにしました。

 

 

ごはん、おかずを注文して、次は汁物が欲しいな~と思ってスタッフの方に

 

「単品で汁物はありますか?」と尋ねると

 

 

「申し訳ありません。メニューにございません。」という回答でした。

 

 

うーん。どうしようかな。

 

 

ん?茶碗蒸しがメニューにあるぞ!

 

 

厳密には汁物じゃないけど、良い出汁がその代わりになるかもと思って茶碗蒸しを注文しました。

 

 

 

そして、待つこと5分。

 

 

まだ来ないので、場違いとは思いながらもスマートフォンで漫画を読みながら待つことに。

 

 

更に10分。

 

 

すると、ホールのスタッフの方が来て、何か持ってきました。

 

おっ。来たかな?

 

 

 

「大変お待たせして申し訳ありません。こちらサービスのゆず豆腐です。」

 

 

 

えっ。少し遅れただけでサービスしてくれるのか!すごいな~。

 

 

そして、「うまっ!」

 

やっぱりお金持ちが来るところだ。レベルが違う!

 

 

 

すると食べ終わる頃に、料理が完成したようでご飯とおかずが来ました。

茶碗蒸しは、またあとで来るとのこと。

 

 

 

「さーて。食べるぞー」っと思った時、スタッフからこんな一言が

 

 

「赤出汁でしたらサービスでお出しできますが、いかがされますか。」

 

 

えっ。そんなサービスまで!スゴイヨ。

 

汁物が欲しかったので、ありがたく頂戴することにしました。

 

 

そして、黙々と食べる食べる(うまっ。うまっ。)

syokuji_man

 

 

すると、店の奥から明らかにエライと分かる人(たぶん支配人)が来て、こう言われました。

 

 

「お食事中申し訳ありません。」

 

「ご注文いただいた茶碗蒸しですが、調理中に失敗してしまいまして」

 

「再度、お作りしますので大変申し訳ありませんが15分ほどお時間よろしいでしょうか?」

 

 

茶碗蒸しの失敗か~。たぶん蒸し時間を少し失敗してスキができたか、上手く固まらなかったかだろうな~。

茶碗蒸しって難しいもんな~。

 

 

仕事というのは、人間がやることなので、どんなに注意をしてもミスがなくなることは絶対にないと思ってます。

 

どんなプロがやってもミスがゼロにはならないものなんです。

 

 

だからこんなことが起きても全く何も思わないというか、正確に言うと「たまにはそんな失敗もあるだろうな~」と思うだけなんです。

 

 

そのため、支配人には「時間は十分にありますので大丈夫です。よろしくお願いします。」って伝えました。

 

 

 

そして既に出てきている料理を食べ終えたころ。


スポンサーリンク

 

 

 

スタッフがウーロン茶を差し出し、「こちらサービスです。」

 

 

ええーっ。どんどんサービス品が出てくるぞ。

なんだか恐縮しちゃいます。

 

 

 

それでも、ご厚意はありがたくいただかないといけないと思って「ありがとうございます。何も気にしてませんので大丈夫ですよ。」って伝えました。

 

 

 

そうして完成した茶碗蒸しですが、驚くことに支配人が直々に持ってきてくれました。

 

なんて丁寧なお店なんだ!恐縮しちゃいます。

 

 

早速、ひと口・・・・・。

 

 

 

何これー。バリウマ!

 

 

 

大満足です。

 

 

もう、おなかもいっぱい。

 

赤出汁もウーロン茶も飲みほして、おなかぱんぱんです。

manpuku_geppu

 

さぁ、部屋に戻るか。

 

 

と思ったその時

 

 

「本日は、お待たせしてしまって申し訳ありませんでした」

「こちらサービスのデザートです」

sweets_mizuyoukan

 

 

えええーっ。

またサービス!

 

 

凄すぎて思わず笑ってしまいました。

 

 

もうおなかパンパンなんですけど、せっかくのご厚意。

 

そこは断るわけにはいきません。

 

 

しっかりといただきました。

 

 

もう、おなか限界。さぁ帰ろう。

 

 

 

スタッフに促され、会計のところに行くと、そこにいた別のスタッフからも一言。

 

 

「本日は、大変お待たせして申し訳ありませんでした。」

syazai_business_woman

 

 

ええええーっ。

 

会計担当のスタッフにまで、きちんと連絡が行っていて、ここでもお詫びです。

 

 

 

完全に、スタッフ全員で情報共有ができていて、この連携は本当に見事です!

 

 

 

こういった情報共有って、他の会社ではあんまりできてないことが多いんですが、ここは完璧です!

 

あまりにスゴすぎて、こちらも恐縮して、「大丈夫です。大丈夫です。」って何度もペコペコしちゃいました^^。

 

 

それにしても、すごいお店があるんですねぇ。

他の業界の人たちも参考になりそう。

 

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログは、ふざけていても仕事は真面目
行政書士・社労士市川事務所の公式HP

ここでしか見られない重要な情報が満載

市川事務所のフェイスブックページ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□