動物病院でお金を払わない人が意外と多い

何度も書いてますが、当事務所は行政書士・社労士事務所です。

 

この仕事をしているといろんな会社が依頼してくれるので、いろんな業界の事を知ることができて本当に楽しいです。

 

 

その業界ならではの話なんかホントに面白いです。

 

 

そんな業界ならではの話ですが。。

 

 

中には「まじかっ!」と感じることがあります。

 

 

当事務所は、佐賀県獣医師会や大分県獣医師会から講習会の講師を依頼されたりするので、動物病院の先生と知り合う機会がたくさんあります。

pet_doctor

 

そこで知ったんですが、どの動物病院の先生もある問題で頭を悩ませたことがあるようなんです。

 

 

それは、動物病院で診察を受けたにもかかわらずお金を払わない人が意外と多いということです!

 

 

受診したのに、お金を払わない。

 

 

信じられます?

これ、本当なんですよ。

 

 

調子の悪くなったペットを連れてきて、さんざん治療してもらったあとに

 

 

「今日、持ち合わせがないので、後日払いに来ますね」とか言って、家に帰って。。音沙汰なし。

 

 

全然、払いに来ないので電話すると「すみません。○日ごろまでに払いに行きます」とか言って電話を切り

 

 

そして、なーんの音沙汰もない

 

 

もう一度、督促の電話をかけると、留守電になる。

 

 

以後その繰り返し。

 

 

すごいでしょ。

世の中にはこんな人がたくさんいるんですよ。

 

 

えっ?そういう人たちは、生活が苦しくて払えないんじゃないかって?


スポンサーリンク

 

 

そう思います?

 

 

でも、そうじゃないんです。

払えるのに払わない人が多いんですよ。

 

 

何でそんなことが分かるの?って思いますよね。

 

 

実は、そんな動物病院を当事務所がサポートしてお金を払ってくれない人に請求したケースでは、今のところ全ての案件ですぐに払ってくれているからです。

 

 

お金がないわけではなくて、払わないだけなんですね。

 

 

 

サポートと言っても裁判みたいな難しいことをするわけではなく、内容証明郵便を作成して、それを郵送してもらうというすごく簡単な作業です。

 

こんなのを送りつけるわけです。

内容証明

 

こんなお手紙が届いただけですぐに払ってくれる訳だから、生活が苦しい訳じゃないですね。

具体的な文面については企業秘密で掲載できません。すんません。)

 

 

 

そして、解決した時にいつも思う

 

 

「なら、最初から普通に払えよ。。。」って

 

(どんな育ち方をしたら、そんふうになるんだろう?ホントに不思議。)

 

 

業界ごとにいろんな苦労があるんですね~。

 

皆さん大変だ。

 

※内容証明郵便は諸刃の剣です。使い方を誤ると自分の首を絞めますので自分で作成するときは注意しましょう!

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログは、ふざけていても仕事は真面目
行政書士・社労士市川事務所の公式HP

ここでしか見られない重要な情報が満載

市川事務所のフェイスブックページ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□