お客さんにいつも申し訳なく思う事とは?

私、行政書士・社労士ですが、

 

 

新しいノウハウを取得してレベルアップしたときに、いつも思う事があります。

yuusya_game

 

 

お客さんに対して申し訳ないって。

 

 

 

 

本当に、しょっちゅうあります・・・・。

 

 

 

ん?

 

 

 

「レベルアップしたなら良いんじゃないの」って思いますよね。

 

 

 

確かにレベルアップしたことは良いんですが、その瞬間に次のようなことが判明します。

 

 

 

今レベルアップしたということは、今までは(今より)低いレベルのサービスを提供していたという事実です。

 

 

 

例えば、ある会社から依頼を受けて、採用面接に同席したとします。

 

 

 

選考した結果、Aさんという人を採用しました。

 

 

 

でも、数か月後にAさんは仕事ができず、採用は失敗だった・・・・・。

 

 

 

「くそぅ。」

 

 

 

もちろん、失敗をそのままにはできませんので、当事務所は「その採用がなぜ失敗だったか」を分析します。

 

 

 

そして、その時の採用がなぜ失敗だったかを分析した結果、採用試験の段階である点に注目することで不合格にすることができることが分かったとします。

 

 

 

この瞬間レベルアップです。


スポンサーリンク

yuusya_game

 

 

しかし、最初からそのレベルにいればそもそも今回の採用の失敗は無かったわけです。

 

 

 

ごめんなさい。

dogeza

 

 

この瞬間、本当に申し訳ないと感じます。

 

 

このレベルアップがもう少し早ければ・・・って思います。

 

 

 

日々、勉強と改善を繰り返しますので、毎日がコレの繰り返しなんです。

 

 

 

ある程度は仕方のない事なんですが、本当に申し訳ないです。

 

 

 

これは本心です。

 

 

 

そして、こんな事務所なのに、依頼してくれる会社が現れるのがありがたいです。

 

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログは、ふざけていても仕事は真面目
行政書士・社労士市川事務所の公式HP

ここでしか見られない重要な情報が満載

市川事務所のフェイスブックページ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。