採用募集してないのに補助者の応募が来る

前から、ぽつぽつあったのですが、最近すごく多い問い合わせがあります。

 

 

 

それは、「補助者を募集していませんか?」という問い合わせです。

syukatsu_shigoto_sagashi

 

 

本当に多いです。

 

 

 

どこにも募集出してないし、HPにも一切触れてないんだけどなぁ。

 

 

 

当事務所は一部の人には目立ってるけど、一般的にはほとんどの人が知らないんです。

 

 

 

それなのに、応募が来るなんて不思議ですよね。

 

 

 

志望動機は実戦経験を積みたい。しかし・・・

ちなみに、応募者の志望動機は

 

 

  • 社労士試験を突破するために実戦経験を積みたい
  • 行政書士になりたいので実務を学びたい
  • 試験を突破するのと同等に実務経験も必要だから

 

 

だいたい、こんな感じみたいです。

 

 

 

うーん。

 

 

そんなこと言っても、試験と実務って全然違うんですよね。

 

 

 

行政書士の業務なんて特にそう。

 

 

 

試験で勉強したことなんて、実務でどれだけ役に立つんだろう?という感じです。

 

 

 

逆に、実務で学んだことが試験でどれだけ役に立つんだろう?とも感じます。


スポンサーリンク

 

 

 

だから、補助者希望の方にこう伝えたいです。

 

 

 

「試験に合格したいのなら、試験勉強に集中した方がいいですよ!」

 

 

 

そして、「試験と実務は別物ですよ!」

 

 

 

そして、「実務と経営はもっと別物ですよ!」

 

 

 

だから、「補助者なんて目指さなくてもいいですよ!」

 

 

 

ってね。

 

 

このあたりのことは、「開業前に補助者をしてはいけない」に詳しく書いてるので参考にしてください!

test_benkyou_boy

 

 

 

それにしても、多くの企業が人材募集をかけても応募が無いと言っている中、全然募集をかけていない当事務所に応募が来るのはなぜでしょうか?

 

 

企業の採用担当者さん!

 

 

今日の記事は、(重要な部分は秘密にしてますが)採用改善のヒントになるかも。

 

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログは、ふざけていても仕事は真面目
行政書士・社労士市川事務所の公式HP

ここでしか見られない重要な情報が満載

市川事務所のフェイスブックページ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。