プロに「ちょっと教えて」というのは間違い

このブログで何度も書いていることなんですが、当事務所によくかかってくる電話に「ちょっと教えてほしいんですけど」というのがあります。

 

もちろん無料で教えてって言ってるんです。

 

もちろん断るんですが、「ちょっと答えてくれればいいのに」って思ってる人が多いんですよね。

 

弁護士なら相談料がかかるかもしれないけどさっ。社労士でしょ。」って思ってるみたいなんですが、その考えはちょっと違うと思ってます。

 

理由はいくつかあるんですが、例えば

 

士業はその道のプロ

弁護士、社労士、行政書士など、法律に関係する士業はたくさんあるんですが、単純にカバーする範囲が違うだけで、どの士業もその道のプロなんです。

job_bengoshi

例えば、社労士は労働関連の法律のプロです。

 

毎日、毎日、労働関連の法律に携わってます。

 

 

社労士は労働関連の法律とその実務運用のプロ

 

 

そこに特化しているので、その分野においては、ある意味弁護士よりも詳しいということもあるんです。

 

 

そして、それは他の士業だって同じなんですよね。

 

 

どの士業もその道のプロであって、その道に特化したの知識・経験・独自のノウハウを持ってます。

 

なので、弁護士じゃないから相談料を払う必要はないっていうのは、ちょっと違うかな~と思います。

 

ちょっと答えるのに時間とお金がかかっている

「ちょっと答えてくれれば」と言われるんですけど、実は「ちょっと答える」のはそんな簡単ではないんです。

 

 

法律上の問題っていうのは例外が多すぎて、ちょっとでも前提条件が変わると、答えが変わってしまいます。

 

 

原則は、こうだけど、この場合はこう、この場合はこうなって、更にこの場合はこうなるって感じですね。

 

 

そして、更に更に厄介なことに、法律と言うのは改正が多い!

 

法改正で、答えが変わるんですよね。

 

 

そして、更に更に更に厄介なことに、ある事例について最高裁判所が判断を下したら、法律が改正されたときに限りなく近い状態になったりします。

 

 

という事は、そのちょっと答えるために、細かな例外を勉強して、法改正もチェックして、更に最新の判例もチェックする必要があるわけです。

study_daigakusei_man

その勉強にかかる時間とお金は少なくありません。

 

 

電車やバスで移動するときも、出来る限り本を読んだりして常に勉強してます。(周りの人は、スマホでLINEしたりゲームしたり漫画を読んでいるけど)

ninomiya_kinjirou2

それだけして、ちょっと答えることが出来るようになるんです。

 

 

私の場合で言うと、開業して10年以上経ちますが、常に勉強して知識を最新にするようにしています。

 

これは法律知識だけじゃなく、採用ノウハウ、労務管理知識、心理学、経験、その他もろもろがプラスされています。

 

 

それらの積み重ねがあって、即答で「ちょっと答えること」が出来るんですね。

 

つまり、その答える時間はほんの少しかもしれませんが、その背景には何年もの積み重ねがあるんです。

 

 

聞く側にとっては2、3分かもしれませんが、答える側は時間とお金をかけてるわけです。

 

 

そして大切な事、これを忘れないで欲しいんです。

 

 

それは、これらの知識と経験は「大切な商品」だということです。

 

 

この時間とお金をかけて作り上げたこの「大切な商品」を売ることで飯を食べているわけです。

 

 

さすがに無料で、ちょっと答える事なんてできないですよね~。

 

皆さんも、周りに「ちょっと教えてくれればいいのに」って思っている人がいたら教えてあげてくださいね。

 

プロのノウハウは時間とお金がかかっている「大切な商品」なんですよって。

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログは、ふざけていても仕事は真面目
行政書士・社労士市川事務所の公式HP

ここでしか見られない重要な情報が満載

市川事務所のフェイスブックページ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。