休日にニュータイプからの問い合わせが・・

リーン!

 

またまた、休日に電話がかかってきました。

 

以前も書きましたが、初めての問い合わせを休日に電話でしてくる人はお客さんになりません。

 

今回も初めての人からだったので、期待せずに電話に出ました。

 

「はい。市川事務所です。」

 

「HPを見て、電話しました。派遣会社を始めたいので、勉強がてら話を聞きたいのですが」

 

 

勉強がてらって何だ???

こんなこと言われたの初めてだよ、と思いながらもこう答えました。

 

「ご相談という事でしたら、1時間5000円(税別)かかりますがよろしいですか?」

 

これは教えて君の場合は、2度と電話をかけてこなくなる魔法の言葉です。

この言葉を言えば、「また検討します。」って言ってもうかけてきません。

 

 

しか~し。今回は違いました。

こんな感じで返されたんです。

 

 

「えっ。・・・・。ということは、相談すればそれだけメリットがあるということですか?」

 

 

ん??どゆこと??

そんなこと言うなら、何でうちに電話してきたんですかね??

 

こんなのはじめてです。

 

ニュータイプの無料で教えて君です。。。。

 

電話は、まだまだ続く

休日なので、電話は携帯に転送で受けていて電話代はこっちも負担だし、時間もムダなのでさっさと切りたいなぁ。。と思いながら会話は続きます。

 

「それは、当然メリットがあります。」

 

「それだけのメリットって何ですか?」

 

メリット、メリットって・・・・。

 

HP見て電話してきたなら、知ってるでしょ。。。。

 

派遣会社を始めるには、いろんな法的要件を満たしたうえで許可申請しないといけませんので、それらの知識と準備が必要です。

 

そもそも、専門家に相談すれば知識が得られると思ったから電話してきたはずなんですが・・・。

 

 

もうメンドクサイなぁ。。。。と思いながらも会話は続きます。。。

 

「メリットは、お客様によって様々です。」

 

「例えばどんなことですか?」

 

と、こんな感じのメンドクサイやり取りが続き・・・。

 

休日に電話してくるし、お金を払う気もないし、、、たまらんよ。

 

で、ある程度説明し終わったら

 

「また検討して連絡します。」

 

このパターンは?

これは、もう二度と連絡してこないパターンだ(笑)

最初から分かってたけど(笑)

 

うちのHPって電話番号のすぐ近くに営業時間も書いてるので、絶対に目に入ってるはずなんです。

 

それを無視してかけてきて・・・。

 

さらに、無料で教えてもらおうなんて・・・。

もし、依頼になったとしても、こういう人は常識知らずで面倒なことが多いんですよね。

 

 

だから、問い合わせの段階で相手から断られるのがベストなんです。

 

 

こちらから断るのではなくて、相手から断られるというところがポイントなんです。(この辺の詳しいことは、いずれ書きます)

 

 

それにしても、派遣会社を始めるには資産が2000万円以上必要です。

 

派遣法にも詳しくならないといけないので独学だとすごく時間がかかるのに、たった5000円の相談料をケチるのもどうなんだろう?

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログは、ふざけていても仕事は真面目
行政書士・社労士市川事務所の公式HP

ここでしか見られない重要な情報が満載

市川事務所のフェイスブックページ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。