アバンテじゃないよアバンテ2001だよ

突然ですが、ついにアバンテ2001をゲットしました!

 

アバンテじゃなくてアバンテ2001です。

 

紛らわしいのですが、アバンテとはちょっと違います。

 

アバンテ2001とは?

初代のアバンテは、伝説的なマシンですごく有名ですよね。

 

その初代アバンテを改良したのがイグレスです。

 

さらに、そのイグレスの廉価版がアバンテ2001です。

 

さくっとまとめるとこんな感じです。

 

・アバンテ:1988年3月発売で、キット価格は34,800円

・イグレス:1989年6月発売で、キット価格は44,000円

・アバンテ2001:1990年6月発売で、キット価格は26,800円

 

で、今回ゲットしたのは一番最後のアバンテ2001です。

 

1990年か~。改めて思ったんですが、結構古いものなんですよね。

 

いくら廉価版とはいえ、キット価格だけで26,800円!

 

当時中学生だった私にとってはとても手が届きませんでした!

完全にあこがれのマシン!

 

で、大人になった今、やっとゲットしたわけです。

 

 

当時、アバンテは多くの人の当時憧れのマシンだったのですが、値段が高くてとても手が届きませんでした。

そのまま販売終了になって、今や伝説のマシンです。

 

その頃の子供が今大人になって、マネーパワーが増えたので復刻版の発売が待ち望まれました。

 

そしてついに復刻したアバンテ!そしてイグレス!

 

・アバンテ2011:アバンテの復刻版。2011年1月発売で、キット価格は57,540円

・イグレス2013:イグレスの復刻版。2013年11月発売で、キット価格は55,944円

 

 

しかし、あっという間に売り切れて、オークションでも高値が付いてるのが現状です。

 

実は、アバンテ2001も復刻している

今回ゲットしたのは当時の物ではなく、復刻版です。

 

アバンテは2011年に、イグレスは2013年に復刻発売しているのは有名な話です。(売切れでほとんど買えないけど)

 

でも、アバンテ2001はキットとしては復刻していません。

 

しか~し!

 

ボディだけ限定パーツとして復刻していたんです!

イグレス2013のシャーシに乗っけるボディとして発売されました!

 

あっという間に売り切れて、今ではオークションなどでしか手に入れられないのですが、それをゲットしたわけです。

 

 

それをせっせと色塗りして完成したのが、この手元にあるアバンテ2001です!

今回は、復刻版のイグレス2013と復刻版のアバンテ2001のボディを組み合わせたわけです。

 

いやぁ、色塗りが大変でした。

このドライバーの部分なんて、細かいのなんの・・・。

 

モーターは手元にGTチューンモーターが残っていたので、流用しました。

 

バッテリーのコードレイアウトが難しくて、とりあえずリヤ部分からコードを出すようにしています。

フロント部分から出そうとすると、ボディやドライバーに干渉してボディが持ち上がるんです。。。

 

というわけで、苦肉の策でリヤ側にまわしてみました

 

まぁまぁ、うまくいったと思います。

 

それにしても、このイグレスのシャーシ・・・。

 

初めて組み立てたのですが、構造が複雑でちょっと組み立てにくかったです。

 

ちょっと記事が長くなりましたので、「組み立て編」と「塗装編」は別記事で書きますね。

 

シェイクダウンを済ませたら動画もアップします!

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。