ホットショット2のボディを塗装し直す

オークションでゲットしたホットショットⅡですが、さすがに30年ぐらい経っているだけあって、塗装が一部剥げたりしています。

 

ボディの表面にも塗料がついていたりして、あまりきれいな状態ではありません。

ホットショットⅡウイング

ホットショットⅡボディ汚れ

 

そこで思いました。

 

 

こうなったら、一度塗料を全部剥ぎ取って、塗装し直そう!

 

 

 

というわけで、使ったのはプレペイントクリーナーです。

プレペイントクリーナー

 

これを使うと、塗装済みのボディでも塗料を綺麗に取ることができます!

 

量が多めの方が良い人は、こっちを買うのも良いですね。

 

 

ウイングは、試しにティッシュを置いて、その上にスポイトでクリーナーをたらしました。

 

そして、パックに入れて1時間ほど待つ。

ホットショットⅡウイング

 

すると、塗装が溶けて柔らかくなってきました。

 

これを更にクリーナーを使って拭き取る!

 

するとこんな感じで綺麗に取れました!

ホットショットⅡウイング


スポンサーリンク

ホットショットⅡウイング

 

 

でも、デカールも溶けてきたので、剥ぎました。

 

どうせデカールは自作し直すし、まぁいいか。

 

 

デカールをそのまま残したい場合は、上記の方法はおすすめできないですね。

 

 

ちなみに、ボディの方はデカールをそのまま使いたかったので、ティッシュにクリーナーをしみ込ませて少しずつ拭き取りました。

 

こんな感じで拭き取っていきます。

ホットショットⅡボディ

ホットショットⅡボディ

細かい部分は塗料が残ったままだけど、今回は黒で塗り直すので、このくらいは残ってても気にしない!

 

あとは、黒を塗装するだけ

あとは、何度もやっているボディの塗装作業です。

 

ボディの塗装作業の詳細は、「M-05のボディを塗装」や「AE86(ハチロク)のボディをTT-01に載せてみた(塗装編)」でも紹介しているので参考にしてください。

 

 

今回のボディの場合は、まずボディの表面の全てをマスキングテープで貼ります。

 

 

新品のボディの場合、表面は保護フィルムが貼ってあるので大丈夫なのですが、使用済みボディなので表面に保護フィルムがありません。

 

 

その表面を保護するために、全面をマスキングテープで覆うわけです。

 

 

基本的には、きっちり隙間なく覆いますが、少々塗装の漏れがあってもプレペイントクリーナーで拭き取れば大丈夫です。

 

 

この辺は慣れた作業なので、さっさと進めて塗装作業を終えました。

 

次回は、ホットショット2のデカール(ステッカー)を自作します。

 

今は、ホットショットとスーパーホットショットの復刻版がアマゾンで買えます

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。