M-05のリヤサスのガタを解消する

今回もM-05の改造です。

 

サーキットに通うようになってから、改造内容がどんどんマニアックになってます。。。

 

今回はM-05のリヤのガタを減らす事で、走行時の安定感を向上させる改造です。

 

いつも通り、サーキットの常連さんに教えてもらいました。

 

リヤサスのガタを解消

M-05はアルミリヤサスマウントを使っているのですが、最初からわずかにガタがあるのと、使っているうちにクラッシュなどでガタが大きくなってきます。

 

下の写真に書いた矢印方向に、リヤのサスが僅かに動くんです。(写真は昔にSサイズで組んでた時のものです)

走行すると分かるのですが、ここにガタがあるとコーナーでリヤの安定感が下がるんです。

 

 

巻きやすくなったり、滑りやすくなったりします。

 

 

常連さん曰く、M-05は、リヤの安定感がすごく大切なのでこのガタは解消した方が良いとのことでした。

(縦方向はガタは良いけど、この横方向のガタは良くないらしい)

 

 

M-05って本当に繊細で、ちょっとした事で走りが良くなったり悪くなったりするんですよね。(ホントに手がかかるマシンです)

 

 

解消のやり方も教えてもらったのですが、その手法と言うのが

 

「アルミリヤサスマウントに穴を開けて、イモネジを締めて、サスシャフトが動かないようにする」

 

というものです。

 

そんな大工事が自分にも出来るかな?

 

思い切ってやってみる

あれこれ考えても仕方がないので、思い切ってやってみることにしました。

 

ミニ電動ドライバーに100円ショップで買ってきた直径2.5mmのドリルを付けて穴を開けてみました。

 

アルミサスマウントにドリルを突き刺して回していきます。

オイルをさしては回し、金属くずを取り除いてはオイルをさし、これを繰り返しました。

(アルミサスマウントの表面が削れているのは、走行傷です)

 

 

左右に2か所ずつ、合計4か所に穴を開けてみました。

最初の位置合わせさえ注意すれば意外と簡単です。

(穴が貫通したときに、勢い余ってシャフトを通す穴に傷をつけないようにしましょう)

 

このままでは単に2.5mmの穴が開いているだけなので、タップを使ってネジ穴を作成します。

 

3.0mmのタップを使ってゆっくりと回していきます。

 

 

アルミに対して、タップでネジ穴って簡単に作れるのかな?と思ってましたが、こちらも簡単に出来ました。

 

綺麗なネジ穴が出来たので、試しにイモネジを取り付けてみたところ問題なく付きました。

 

そして、シャフトを通してイモネジを4か所締めて完成です!

 

ここで絶対に確認しないといけない事があります!

それは、イモネジを締めても足がスムーズに動くかどうかです!

 

足を上下に動かしてみて、スルスルだったらOK!

ちょっとでもひっかかりがある場合はシャフトの穴が真っ直ぐかどうかなど、細かな確認をして調整してください。

 

そうしないと、ガタの影響以上に走りが悪くなりますので十分に注意しましょう!

 

横方向のガタが無くなった!

さぁ、これで作業終了です!

 

早速試しに横方向のガタを確かめてみたところ

 

おおっ!

 

今まで、横方向にあったガタが無くなりました!

 

早速、サーキットでテスト走行!

この改造をした週末にサーキットでテスト走行してきました。

 

うぉ!

 

リヤが安定して、コーナーでリヤが巻く現象がほとんど無くなりましたよ!

 

こんなに効果があるなんて、ホントにびっくりしました!

 

M-05はリヤの安定が本当に大切らしいです。

 

で、周回タイムを確認したところ・・・・・。

 

うぉっ!またビックリ!

 

今までより、平均周回タイムが0.1~0.2秒速いよ。。。。マジですか。。。

 

今回使った工具

工具はお好みので良いと思いますが、参考までに今回使ったものを紹介します。

 

※2.5mmのドリルだけは100円ショップで買いました。

※電動ドリルは同じものが品薄なようで、同等品を紹介してます。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。