DF-03アルミダンパーセットをネオマイティフロッグに装着

我が家のネオマイティフロッグですが、基本的な部分は改造が終わって、普通に走る分には特に改造する部分が無くなってきました。

ネオマイティフロッグの前輪をスパイクタイヤに変更

 

でも何か改造したい。。

 

無性にこんな衝動にかられます。

 

完全にラジコン中毒ですね。。

 

 

そこで、ダンパーを交換して見ようかなと思うようになってきました。

 

 

今までは、DA-03CVAダンパーを使っていました。

 

 

ノーマルと比べるとこれだけでも十分に性能アップになります。

 

 

これをDF-03アルミダンパーに交換するとどうなるんだろう?

 

そんな素朴な疑問で行動に移したのでした。

 

 

早速購入

DSC01854

 

 

箱を空けるとこんな感じ。当然ですが、必要なパーツが全て入っています。

DSC01863

 

早速組み立て!

早速組み立てに入ります。

 

と、その前に。

 

ダンパーのガタをとるために、シムセットも購入しました。

DSC01861

 

 

Eリングをはめ込んだ後に、0.1mmのシムを入れます。

DSC01865

 

こんな感じで、Eリングの上に入れました。

DSC01866

 

これでピストンを組み上げると、ガタがなくなります。

DSC01868

 

 

次はOリングを入れていくのですが、オイル漏れの防止とダンパーの動きをスムーズにするためにVGダンパーグリスも購入しました!

DSC01862

 

ふたを開けるとこんな感じでダンパーグリスが入っています。

DSC01869

 

Oリングをビニール袋の中に入れて、ダンパーグリスを馴染ませました。

DSC01870

 

この状態でダンパーを組みます。

DSC01871

 

あとは、オイル(今回はタミヤの400番をチョイス)を入れて、気泡を抜いて組み上げて完成です!

(写真を撮るのを忘れてました。)

 

ダンパーを装着する。

いよいよ、ダンパーの装着なのですがちょっとその前にもう一つ。

 

フロントとリヤのダンパーステーをカーボン製に交換しました。


スポンサーリンク

dt-03damperfront

dt-03damper_rear

このパーツは、完全に自己満足ですよね^^;

 

で、カーボンダンパーステーとDF-03アルミダンーパーを装着した状態がこちら

 

フロントはこんな感じ。

DSC02338

DSC02339

DSC02340

 

 

リヤはこんな感じ。

DSC02345

DSC02343

DSC02342

DSC02344

 

 

スプリングも変更

画像を見ていただくと分かるんですが、フロントはスプリングをソフトタイプに変更しました。

 

DT-02スプリングセット

dt-02spring

 

リヤは、DF-03アルミダンパーセットに入っていたゴールドのままです。

 

肝心の走りはどう変わった?

そして、肝心の走りですが・・・・。

 

正直、平地で走らせる分にはCVAダンパーと違いがほとんど分かりませんでした。。

(走らせる場所も重要ですが、たぶん腕のせい。。。)

 

 

アップダウンがあったり、ジャンプがあったりするとその違いがはっきり分かると思うので、その違いが確認できたらまた記事にします。

 

一番変わったのは、見た目がかっこよくなったことかな。

 

追記(超重要!)

何度か走った後に気がついたことがあるので、追記します。

 

芝生などで走行していると、小さなデコボコでもフロントが跳ねるんです。

 

おかしいなぁと思ってダンパーを確認したところ、やっぱりダンパーの動きが重いんです。

 

いろいろと試した結果、どうやら原因はOリングのようです。

 

セットに入っていたOリングは赤だったのですが、これがあまりよくありません。

 

動きが重いのなんの。

 

というわけで、こちらのOリングに交換しました。

 

すると、ダンパーの動きがすごくスムーズになりました。

 

はっきり言って天と地の差!

 

芝生のデコボコで全く跳ねない!

 

まるで地を這うような走りに変わりました!

 

これがネオマイティフロッグか??と思うほど。

 

いやぁ、やっぱりOリングは良いものを使った方がいいですね!

 

今回紹介したパーツはこちら

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。