ラジコンENEOS SUSTINA RC F(TT-01)を買ってみた

今まで、オフロード用のラジコンばかり買っていたのですが、オンロード用のラジコンを持ってないばかりに、ツーリングカーの集まりに参加できずにいました。

 

 

むむーっ。参加したい。

 

 

 

そこで、ラジコンXBシリーズ ENEOS SUSTINA RC F (TT-01)を買っちゃいました!

start

 

XBシリーズというのは、タミヤが出している初心者向けのセットで、

  1. 組み立て済みの本体
  2. 送信機(プロポ)
  3. 受信機、サーボ
  4. バッテリー

が全部入っているというお得なセットです。

 

 

 

既にラジコンを3台も持っているのに、なぜ初心者向けのセットを買ったかと言いますと

 

 

 

ボディを作るのがめんどくさい!

 

 

 

ラジコンのボディって、キレイに切り取るのも、キレイに色を塗るのも、キレイにステッカーを張るのもかなり大変で、その作業は1日がかりなんですよね。

 

 

 

そんな作業をするのが辛かったので、組み立て済みのXBを選んじゃいました。

 

 

 

そして、箱をあけると

 

 

 

ジャジャーン!

eneos

DSC01002 DSC01001 DSC01000

 

 

 

 

 

 

かっこいい!!

 

 

 

さすがキレイに組み立てられています!

 

 

 

 

そして、シャーシはこんな感じです。


スポンサーリンク

DSC00994

 

DSC00995 DSC00997 DSC01007

 

 

 

 

 

 

ちなみに、付属のバッテリーはニッカド1300mAhという中途半端なものです。

 

充電器も急速充電ではないし、自動カット機能も付いてません。

 

すご~く微妙!

 

 

 

まぁ、既に充電器もバッテリーもそれなりのを持ってるので、これらは使いません!

 

 

 

とはいえ、初心者用のセットで、これを買えばすぐに遊べる!という商品なのでもう少し頑張って欲しいところです。

 

タミヤさん、この辺りを改善するともっと売れると思いますよ。

 

 

 

少しぐらいは値段が上がってもいいので、自動カット機能の付いた急速充電器を付けた方がお買い得のような気がしますよね。

 

 

 

プロポは、ファインスペック2.4GHzのものですね。

puropo

 

 

機能は最低限ですが、まぁ普通に走らせる分には問題なしです。

 

 

 

では、実際の走りはどうかというと

 

 

 

やっぱりノーマルなので遅い!

 

 

 

ノーマルなので遅いのは当たり前なんですが、それにしてもちょっと遅すぎるような気がします。

 

 

おそらく、付属のバッテリーにパンチが無いんだと思います。

 

 

他のニッカドバッテリーやリポを付けるだけでも速くなるはずです。

 

 

 

シェイクダウンの動画はこちら(動画は音が出ます)

 

 

手始めに、フルベアリング化、ダンパーとモーターの交換をしよっと。

 

次回の記事から改造に取り掛かります。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。