TT-02 TYEP-Sにアルミレーシングステアセットを追加

前回、シェイクダウンしたTT-02 TYPE-Sですが、本当は最初から入れたいオプションがありました。

 

それは、こちらの2つです。

 

OP.1574 TT-02 アルミレーシングステアセット

DSC01999

 

OP.1575 TT-02 アルミステアリングブリッジ

DSC02000

 

 

サーキットで走らせると、まだまだ下手なのでどうしてもぶつけます。

 

 

その時、すぐに壊れるのがステアリング周りの部品です。

 

 

どうせすぐ壊れるなら、最初からアルミパーツにしちゃおう!と思ったわけです。

 

 

では、なぜ最初から入れなかったかと言うと・・・。

 

 

パーツの値段が高いからです。

 

 

定価だと2つあわせて5千円ぐらいするので、ちょっとためらってたわけです。

 

 

とはいえ、いずれ必要。

 

 

それなら、買ってしまえ!

 

早速、導入!

というわけで、早速装着しました。

DSC02009

 

これでクラッシュしても安心です!

 

 

ちなみに、なぜマスキングテープが貼ってあるかと言うと、防塵対策です。

DSC02010

組み立てると分かるんですが、この部分がむき出しなのでパーキングで走ると、ここから砂が入りやすいんです。

 

 

なので、最初にマスキングテープを貼っておきました。

 

 

ちなみに、前回もちょっと書きましたが、TRFショートダンパーも装着してます。(諸事情で後日、TRFスペシャルダンパーに変更)

DSC02008

 

これを付けると、しなやかさが全然違うんですよね。


スポンサーリンク

 

ボディは、塗装済みの激安もの

ボディは、2千円弱で買える激安プリントボディです。

DSC01991

 

 

もちろん、TT-02専用品ではないので、フロント部分にウレタンバンパーと隙間があります。

 

この状態でぶつけちゃうと、ボディが傷みやすいので、ウレタンバンパー用スポンジを使って隙間を埋めました。

urethane_bumper

 

 

大きさを測って、切り取った後に接着剤でボディにくっつけます。

こんな感じです。

DSC02016

 

 

シャーシに装着するとこうなります。

これで隙間がなくなったので、ぶつかった時のボディへのダメージを減らすことができます。

DSC02017

 

 

一応、こんなのも買いました。バランスウエイト。

DSC02006

 

リポやリフェバッテリーは軽いので、左右のウエイトバランスが悪くなる場合があります。

 

そのバランスを調整するアイテムです。

 

 

今回紹介したアイテムはこちら

ステアリング周りのアルミパーツ

 

ボディを保護するためのウレタンスポンジ

 

ウエイト調整のためのアイテム

 

この状態でサーキットに持って行って走らせてみよっと。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。