TT-02 TYPE-Sにアルミサーボステーを装着

TT-02 TYPE-Sのサーボを固定するパーツは樹脂製です。

 

ちょっと見にくいけど、こちらの写真の右下にサーボが付いるのが分かりますか?

DSC02009

サーボの両端についている黒いパーツが樹脂製のサーボステーです。

 

個人的にはこのパーツでも全く問題ないと思っていたのですが、サーキットの常連さんに言われました。

 

「樹脂製のパーツだと、クラッシュ時に少しずれたりするので金属製に交換した方が良いよ。」

 

うーん。そんなもんなんですかね?

 

交換するにしても、TT-02 TYPE-S用の金属製のサーボステーってあるのかな?

 

調査してみる

とりあえず、いつもどおりGoogleで調査開始です。

 

調べた結果、TT-02 TYPE-Sには、金属製で専用のサーボステーというのは無いみたいです。

 

でも、TB-03のアルミサーボステー(R)が使えるらしいです。

 

DSC02496

1つしか入っていませんので、このパーツを2袋買う必要があります。

 

なかなかの出費・・・・。

 

さっそく装着

せっかく買ったので、早速装着してみました。

 

サーボの両端についているパーツがブルーの金属製になったのが分かりますね。

DSC02501

DSC02502

 

これでまた一つ、マシンが丈夫になりましたね。

 



2 comments for “TT-02 TYPE-Sにアルミサーボステーを装着

  1. Yokomo男爵
    2016年11月15日 at 7:27 AM

    初めまして
    それに左(L)と右(R)専用があるのはご存知でしょうか?

    • honne-tatemae
      2016年11月15日 at 9:30 AM

      はじめまして。
      今回紹介したアルミサーボステーにLとRがあるのはもちろん知っているのですが、TT-02では右(R)を2つ使用する仕組みになっているみたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。