社労士は飲み会も大切な仕事

クライアントの飲み会に参加して、先ほど帰ってきました!

 

 

社員ほぼ全員が参加するの飲み会です。(社外の人間は私だけ)

nomikai_salaryman

 

 

飲み会??

 

そんなの遊びじゃん!

 

 

 

こんな声が聞こえてきそうですね。

 

 

 

でも、そうではありません。

 

 

 

もちろん、会は大いに楽しみますが、これは大きなチャンスなんです!

 

 

 

飲み会では社員とたくさん話しができます。

 

 

ここに大きなチャンスがあります。

 

 

それは

 

  • 社員と仲良くなれる
  • 各社員がどんな悩みを持っているか分かる
  • 社内にどんな問題があるかが分かる
  • 社長が各社員に対して、評価していることを社長に代わって伝えることができる
  • 運が良い場合は、その場で問題の種を摘むことができる

 

 

どれも普段では、なかなかできない事ばかりです。


スポンサーリンク

 

 

 

社内の問題をいち早く見つけ出して、上手くいけばその場で解決できます!

 

 

そうすれば、社員も満足!

 

 

社長も満足!

 

 

そして、私も満足!

 

 

 

その場で解決できなくても、早い段階で問題に気がつくことができるので、問題が大きくなる前に対応することができます!

 

 

 

そんなわけで、社労士は社長とばかり話をしても、それじゃぁホントに仕事してるとは言えません。

 

 

 

やっぱり、社員との会話が重要です。

 

 

 

労働問題を未然に防止できるという、この上ないメリットを得ることができるんだから、誘われたら、よほど外せない約束がなければ即参加!

 

 

 

それに、社外の人間である私が、社内の飲み会に誘われるということは、それだけ信頼されているのでは?と思ってます。

 

 

 

その期待に応えるのが社労士の役割ですよね!

 

 

 

でも、そんな私はお酒が飲めないんですね・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

 

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログは、ふざけていても仕事は真面目
行政書士・社労士市川事務所の公式HP

ここでしか見られない重要な情報が満載

市川事務所のフェイスブックページ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。