ゲームボーイミクロ ファミコンカラー

ゲームボーイミクロ ファミコンカラー

ファミコン20周年の年に発売されたゲームボーイミクロです。

 

正直、このゲームボーイミクロの発売当時は「誰がこんなの買うの?」て思ってました。

 

 

なぜなら、ゲームボーイミクロってゲームボーイアドバンスのゲームしか遊べないんです。

 

 

ゲームボーイミクロの発売日って2005年9月13日なんですが、既にこの時はニンテンドーDSが発売して既にヒットをかましてました。

 

そして、このニンテンドーDSではゲームボーイアドバンスのゲームが動くんです!

 

既に次世代機が出てるのに、今さら旧世代のゲームしか遊べない機種を出すという・・。

 

ホント、誰が買うの?って状態ですよね。

 

実際、あんまり売れなかったみたいで日本国内で61万台ということみたいです。

 

※参考データ(発売日)

ゲームボーイアドバンスの発売が2001年3月21日

ゲームボーイアドバンスSPの発売が2003年2月14日

ニンテンドーDSの発売が2004年12月2日

ゲームボーイミクロの発売が2005年9月13日

発売から10年以上経って人気がじわり

しかし、なぜか10年以上経った今、一部で人気が爆発してるみたいです。

 

販売台数が少なかったという事もあって、当時の定価は1万2000円だったのですが、現在ではこれ以上の価格で取引されてます。

 

特にこのファミコンカラー!

ファミコン世代にはたまらないデザインです!

 

箱も付いた美品では、2万以上の値段が付いてます。おそろしや。

 

 

箱の中もなかなか味がありますよね。

ファミコン世代はにんまりするデザインです。


スポンサーリンク

 

裏側にも20周年のマークがついてます。

 

同時発売のファミコンミニ

「ファミコンミニ」という名前を聞くと、「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」と間違える人がいるかもしれません。

でも、それは違ってファミコンのソフトをゲームボーイアドバンスに移植したシリーズの事を「ファミコンミニ」って言うんです。

 

それが、ゲームボーイミクロと同時発売されたんです。

 

完全にファミコン世代を狙った商品ですよね。

 

私はスーパーマリオブラザーズしか持ってませんが、このシリーズは最終的に30作品発売されました。

 

 

久しぶりに起動したので、記念に写真をパシャッと。

 

スーパーキノコを採った瞬間をパシャッと。

 

クリボーを踏んだ瞬間をパシャッと。

 

ああっ。懐かしいですよね。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。