今回は、ヘックスドライバーでコスパ最強のものを見つけまして、なかなかおすすめだったので紹介しちゃいます。

 

新しくサーキットに通い始めた人が必ずと言って良いほど持っているのがこちらのタミヤのドライバーなのですが、弱点があります。

もちろん、安くて良いツールでして、否定するつもりは全くないのですが、どうしても1点だけ大きな弱点があります。

 

それは、1.5mmのヘックスドライバーの強度が弱く、ネジを締めるときにねじれてしまってしっかりと締めることができないんです。

 

特にピニオンギヤの取り付けが甘くなって、走行中にピニオンギヤが空回りしちゃって動かなくなるのを何度も見てきました。

 

だから、初心者の方には「1.5mmのヘックスドライバーだけは別で良いものを買った方が良いですよ。」ってアドバイスしていたのですが、良い道具を買うと1本あたり1500円はするので、初心者の方や小学生に簡単にはおすすめできないのが悩みでした。

 

ですが、ついに見つけました!

 

4本セットで約1500円と激安!(3mmのはラジコンではあまり使わないけど)

前から存在は知っていたのですが、良いかどうか分からなかったので人柱的に買ってみました。

変な物は人におすすめできないので、自分で買って確かめないとね。

 

長さを測ったところ、だいたい18cmと使いやすいサイズですね。

 

ビットも普通で、特に変なところは無かったです。

 

グリップ部分の直径は18mmでサイズも普通。

そして、ビットのサイズがはっきり記載されていて、一目で分かるのがナイス!

実際に試してみた

試しに手持ちのヘックスビスに刺してみたところ、ガタもなくピタッとハマって普通に使えました。

 

正直、1本1500円ぐらいで売ってるやつと大差ないんで、これでも全く問題ないと感じました。




これだけ普通に使えるなら全く問題なさそうですね。

市販のスペアビットも普通に使える

値段は安くても、ビットがダメになったときに市販のスペアビットが使えないと使い捨てになっちゃいます。

そこで試しにEDSのスペアビット(下の写真では下に写ってるやつ)を付けてみました。

すると、普通に使えちゃいました。その時の映像がこちらです。




結果:コスパ最強!

そんな訳で実際に使ってみた感じは全く問題なかったです。

1本1500円の物と比べてもほとんど遜色なかったので、初心者の方でまだ良い工具を揃えてない場合やタミヤの8本セットを使っている方にかなりおすすめできます。