ラジコンのパーツをプラリペアで補修

オークションでゲットしたホットショットⅡですが、古いマシンと言う事もあって、パーツの破損がありました。

 

例えば、リヤのダンパーステー。

 

完全に割れてます。

DSC02126

DSC02127

DSC02128

 

普通なら、パーツを交換するところですが、ホットショットⅡのこのパーツは売ってない!

 

ブーメランのパーツと互換性がありそうなので、タミヤに問い合わせたけど在庫がありませんでした。

 

こんな時に活躍するのがプラリペア

こんな絶望的な状況から救ってくれるのがプラリペアです!

DSC02148

 

これは、接着剤と違って、周りのプラスチック類と同化してくれるので、本当に強力に接着&補修できます。

 

 

補修の仕方は簡単で、まず補修したい場所(くっつけたい場所)をヤスリでV時に削ります。

DSC02136

左右がV時に削られてるのが分かりますね。

 

左から見たらこんな感じ

DSC02137

 

 

このV時でカットしたところに、プラリペアを流し込みます。

左右のV時が無くなったのが分かりますね。

DSC02145

DSC02147

 

DSC02138

 

すると5分ぐらいで固まって、ガチガチになります。

DSC02143

 

DSC02141

 

あとはヤスリで形を整えてあげれば、補修完了です。

DSC02142

 

プラリペアは、本当におすすめです。

 

補修の手順はこちらの動画を見てもらえると分かりやすいです。


スポンサーリンク

 

 

他にも、割れたパーツがたくさん

 

他にも経年劣化などで割れたパーツがたくさんあるので、プラリペアで補修しました。

 

こんな感じで割れたやつです。

DSC02129

DSC02130

DSC02132

DSC02133

DSC02134

DSC02135

 

こんな致命傷の傷も直った

今回のホットショットⅡのレストアでは、一度組み終えた後に、大変なことが起きました。

 

走らせる前に、全体の強度のチェックとダンパーの効き具合をチェックするために、高さ20cmのところから、ポンと床に落とすと・・・・。

 

 

バキッ!

 

 

経年劣化で弱っていたプラスチックパーツが割れました!!

DSC02261

DSC02264

 

 

いかん。

 

これは致命傷だ。。。。

 

 

でも、タミヤにパーツは無い。。。

 

 

もうプラリペアでやるしかありません!

 

 

割れた個所をヤスリでV時に削って、修復した後、思い切ってサスアームと一体化させました。

DSC02265

 

DSC02266

 

おっ。かなり上手くいった。

 

少々の衝撃を与えても大丈夫みたいです。

 

これを装着するとこんな感じ。

DSC02268

DSC02269

 

完全に修復できました!

 

試しにオイルダンパーを付けて、床に落としてみたけどバッチリです!

 

ホットショットⅡは、スペアパーツがほとんど売っていないので、プラリペアが無かったら、どうなってたかと思うとちょっと怖いです。

 

プラリペアは、本当におすすめです。

 

さぁ、次は塗装されていないドライバーに色を塗ります。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。