ホットショット2の折れたバンパーをプラリペアで修理

レストアしたホットショットⅡのシェイクダウンでバンパーが折れました!

DSC02316

DSC02318

 

元々、ヒビが入っていたのですが、コツンと軽くぶつかっただけで、綺麗に割れちゃいました。

 

 

走り出してわずか5分の出来事です・・・・。

 

早速、修理しないと。

 

修理はやっぱりプラリペア

ラジコンの修理と言えば、お気に入りのアイテム「プラリペア」です。

DSC02148

 

割れたプラスチックパーツを接着剤で着けても、強度が弱いのですぐに取れちゃいますが、プラリペアは違います。

 

既存のプラスチックと同化して固まるので、接着剤とは比べ物にならない強度です。

 

 

と、いう訳で早速作業に入ります。

 

まず、接着したい箇所をV字に削ります。

 

写真は、V字に削った後にマスキングテープで仮止めしてます。

DSC02320

 

 

こんな感じで、溝を作るわけですね。

DSC02321

DSC02322

 

 

プラリペアの流し込み

そこにプラリペアを流し込む!

DSC02323


スポンサーリンク

 

DSC02324

 

 

流し込む前

DSC02322

 

流し込んだ後

DSC02325

 

だいたい、5分~10分ほどで固まります。

 

何箇所か修理したので、マスキングテープを貼ってある場所が変わってますけど、補修した場所は同じです。

 

 

表から見るとこんな感じになってます。

DSC02326

DSC02329

 

 

ヤスリをかけて仕上げ

これにヤスリをかけて、マスキングテープを剥がすと、修理完了です!

DSC02334

DSC02331

 

若干傷は残ってますが、気になる場合はもう少し丁寧にヤスリがけして、塗装すればバッチリです。

 

 

個人的には、このくらいの傷は気にならないので装着して完成です!

DSC02336

 

プラリペアが無かったら、どうなってたか。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。