DB01のリヤに入れるユニバーサルシャフトですが、何も対策しないと走行中に抜けちゃう可能性があるんですよね。

 

私の場合は、DB01にバギー用エアレーションダンパーを入れていたのですが、説明書通りに組むとダンパー長が長くて間違いなくシャフトが抜けます。

 

サスアームが水平になってるときはこんな感じで綺麗に収まってます。

 

でも、ジャンプ中などでサスアームが一番下がった状態になるとギリギリ!

 

ちょっとした衝撃でシャフトが抜け落ちちゃいます。

ピストンにスペーサーやOリングを入れよう

バギー用エアレーションオイルダンパーの場合、ピストンロッドにOリングを3つ~4つ入れるとだいたいちょうどよくなりました。

こんな感じで、一番サスアームが下がった状態でも抜けません!

 

ちなみに、バギー用エアレーションオイルダンパーをフロントに付ける際にもOリングを入れて長さを調整してます。

フロントにはOリング1つと1mmのスペーサーを入れるとだいたいちょうどよくなりました。

 

この辺りはシャフトが抜けない範囲で、好みとセッティングで調整しましょう!

 

とにかく、何も入れないとシャフトが抜けますので必ずOリングやスペーサーをピストンロッドに付けてダンパー長を短くしましょう。