簡単!バッテリーウォーマーを自作した

ラジコンのバッテリーって、温度が下がると内部抵抗が上がってパンチが落ちるらしいんです。

 

こうなるとレースで不利になるのは目に見えているので、バッテリーウォーマーが欲しいなと思うようになってきました。

 

しかし!

 

どこも売り切ればかり!

 

もう作ってないの??

 

やっと見つかっても高い!

 

うーん。。

 

思い切って自作してみる

考えた結果、ラジコンのバッテリーウォーマーを自作することにしました。

 

と言っても、めんどくさいのは嫌なので一番シンプルな形で攻めました。

 

用意する物は、たったの2つ

 

ペットボトルウォーマーとアルミシートだけです。

 

ペットボトルフォーマーはこちらを買いました。1500円以下で買えます。

 

アルミシートは100円ショップで、でっかいやつが売ってます。

 

こんなやつです。(これは適当なサイズに切り取った物)

 

 

届いたペットボトルウォーマーはこんな感じです。

 

USB接続で電源を取るやつで、USBに接続すると発熱が始まるシンプルなタイプです。

最近の充電器は、USB出力が付いているものが増えてるので、ちょうどいいですね。

 

そして、この上に充電したいバッテリーを置くことで温めたいなという作戦です。

 

でも、これだけだと寒い場所だと放熱も凄くてあまり暖まらないので、先ほどのアルミシートで袋を作ります。

 

こんな感じです。

単に、適当なサイズに切り取って、ホッチキスでとめただけの超簡単工作です。

 

 

このアルミシートの中に、先ほどのペットボトルウォーマーを差し込んで

 

充電したいバッテリーを入れる!これだけ!

 

実際は、充電用の端子をギリギリ見えるぐらいまで差し込みます。

 

この状態で何度まで上がる?

この状態で実際に袋の中が何度になるか測ってみました。

 

気温5度の中で実験してみました。(めちゃくちゃ寒い・・・)

 

実験結果は

出力電力が1アンペアのUSBに接続した場合、約30度で安定!
出力電力が2アンペアのUSBに接続した場合は、約40度で安定!

 

温度が上がりすぎると、それはそれでバッテリーを痛めるので、この温度はバッテリーを温めるにはちょうど良い温度かなと思います。

 

正直、ペットボトルを温めるには力不足だけど、バッテリーを温めるのにはちょうど良いです。

 

見た目はダサいけど、1500円で出来るので悪くないかな?と思います。

 

USB電源が無い人は

充電器にUSB電源が無い人は、コンセントからUSB電源を出力できるスグレモノを使うのも手です。

 

いろんな製品がありますけど、やはりUSBを2つ使えるやつで、出力もそこそこの商品をおすすめします。

 

更にパワフルなやつならこちら

 

上記のがおすすめですけど、その他のを探したい方はこちらを参考にしてください。

 


ラジコン記事の一覧はこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。