ステンレスサスシャフトの長さ(TL01とM-05 Ver.II)

今回は、スクリューピンから置き換えることで、サスの動きが良くなる「ステンレスサスシャフト」についてちょっと書きます。

DSC02360

 

汎用的に使えるということで人気の「TL01・ステンレスサスシャフト」ですが、なぜかシャフトの長さに関する記載がほとんどありません。

 

タミヤの公式ページにすら記載を見つけきれませんでした。

 

なぜ??

 

これじゃぁ、買いたくても情報が分からないじゃないか!

 

というわけで、個人的にサイズを測って公開しちゃいます。

 

ステンレスサスシャフトの長さはこれだ

まずは、TL01・ステンレスサスシャフト

 

◆3mm×48.5mmのシャフトが4本
(EリングとEリングの間は約46mm)

◆3mm×37mmのシャフト4本
(EリングとEリングの間は約35mm)

 

 

 

ついでに、M-05 Ver.2 ステンレスサスシャフトセット。こちらはタミヤの公式ページにも情報があります。

 

◆3×58mmのシャフトが2本
(EリングとEリングの間は約56mm)

◆3×48.5mmのシャフトが2本
(EリングとEリングの間は約46mm)

◆3×37mmのシャフトが4本
(EリングとEリングの間は約35mm)

 

 

長さが長すぎる時はスペーサーで調整

ステンレスサスシャフトは、専用品ではない場合、長さがぴったりじゃなくて少し長い場合が多々あります。

 

そんな時は、スペーサーをかませて調整するのも良いです。


スポンサーリンク

 

 

ちょっと分かりにくい写真ですが、こちらはプラ制のスペーサーを入れています。

DSC02282

DSC02284

 

 

手元に無い場合は、アルミスペーサーを買って付けても良いですね。

DSC01724

 

0.5mm、1mm、1.5mm、2mm、2.5mm、3mmの6種類で各4つずつのスペーサーが入っています。

いろんなサイズが入っているので重宝します。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。