ホーネットのトリプルダンパー化をやってみた

先日、セイントドラゴン(ホーネット)のシェイクダウンを済ませたのですが、その際に驚きました。

 

「ホーネットって、ぴょこぴょこ跳ねるし、アクセルオンでシャーシがカタカタってなる!」

「操作しにくい!」

 

とにかく加速時にカタカタってなるのが気になるんです。

 

言葉では伝えにくいので、こちらの動画を見てください。

 

ホーネットの特徴であるローリングリジッドの副作用でこんなことになってるらしいんですが、何とかならないんでしょうか?

 

ローリングリジッドを固定してしまえば簡単に対応できるんだと思いますが、それだとホーネットの意味がないしなぁ。何とかならないかなぁ。

 

と言うわけで調べてみました。

 

ホーネットのトリプルダンパー化が有名

Googleで検索したところ、有名な対応として「トリプルダンパー化」ってのを見つけました。

下の写真のように、リヤにもう一本ダンパーを追加するという改造です。

dsc02793

 

この改造だと、ローリングリジッドを残したままカクカクした動きが無くなるらしいんです。

こちらがトリプルダンパー化したときの動画です。

 

トリプルダンパー化の手順

ホーネットのトリプルダンパー化は、いろんな人がいろんな方法で実現してるのですが、今回は先人の手法を参考にしながら自分なりのやり方で実現してみました。

 

ダンパーを取り付けるからには、上と下に固定できる場所を確保する必要があるので、それぞれ紹介します。

 

ダンパー下部の固定

まずは、ダンパーの下部を固定する場所を作ります。

 

これは先人の手法を参考にしました。

 

このギヤボックスを加工します。

dsc02770

 

 

ここにドリルやヤスリを使って4mm幅の穴を開けるんです。

ここは、せっせと頑張ります。

dsc02780

 

違う角度から見るとこんな感じです。

dsc02777

ここに、ダンパーの下部を固定するわけです。

 

手元に余っていたCVAダンパースーパーミニを使う事にしました。

dsc02783

 

 

こうやって、シャフトに通して固定します。

dsc02782

 

横から見るとこんな感じです。

dsc02781

 

これで、ダンパー下部は固定できましたね。

 

ダンパー上部を固定

次は、ダンパー上部を接続する場所を作ります。

 

シャーシについている、この意味のない出っ張りをカットしてヤスリがけをします。

dsc02768

 

こんな感じで、平らにするわけですね。

dsc02773


スポンサーリンク

 

この場所にピローボールを取り付けたいのですが、シャーシ自体が柔らかくて、そのまま取り付けると強度が心配です。

すぐ壊れそうなんですよね。

 

 

そういうわけで、ちょっと工夫です。

ここに、ホームセンターで買ってきた金属製の平板を取り付けて固定することにしました。

dsc02776

 

 

ドリルでシャーシに取付用の穴(3mm)を開けて、ネジで固定しました。

dsc02784

 

 

金属製の平板は、裏側にも取り付けて強度を確保しました。

dsc02787

dsc02788

 

 

で、ここにダンパーを取り付けるわけです。

dsc02791

 

バッチリ固定できました!

dsc02790

 

シャーシの裏側から見るとこんな感じです。

dsc02796

 

取り付けの前後を比較

ダンパーを取り付ける前のホーネットはこんな感じです。

dsc02767

 

取り付けるとこんな風になります。

dsc02793

 

 

反対側の取り付け前。

dsc02765

 

取り付け後。

dsc02798

 

基本的に、ヤスリがけと穴あけの作業だけなので簡単にできました!

 

これで、あのアクセルオンでカタカタなるのが改善されて、さらにローリングリジッドが活きたままってのが良いですよね。

 

 

トリプルダンパー化の前後比較と、ローリングリジッドが活きたままでひねりの動きが残っている点を動画でまとめました。

 

さぁ、次は実際に広い場所でテスト走行!

 

と、その前に。

次の記事ではフロントのワイドトレッド化をします。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。