TT-02Type-Sをハードロワデッキに交換した結果

我が家のTT-02 Type-Sですが、そろそろセットをいじる場所が無くなってきました。

 

サーキットでもかなり速い方の車になってるんですが、まだまだ変態の速い人がいますので何かを試して少しでも速い車にしたいと思う今日この頃です。

 

そんな訳でして、今まで使ってきたノーマルのTT-02ロワデッキから、そろそろハードロワデッキを試してみることにしました。

交換した結果は?

交換しても見た目は変わらないので、写真は省略しまして、操作感とタイムがどうなったかを書きたいと思います。

 

まず、操作感ですが、これははっきりと違いが分かりました。なぜかと言うと

 

動きがピキピキ!

 

具体的に言うと、ステアリング操作に対する初期反応が大幅に上がって、少しステアリング操作をするとダイレクトに反応するという感じです。

 

ノーマルのTT-02ロワデッキの場合はステアリング操作に対してまずシャーシが一瞬動きを吸収して、その後に動き出すイメージだったのが急に反応するようになりました。

 

もともと、曲がりを重視するセッティングにしていて、とにかく人にやさしくない(速く走るためにはドライバーに負担がかかる)車だったのが、更に負担がかかるようになっちゃいました。

 

操作感がかなり変わって最初の何周かは戸惑って上手く操作できず。。。

 

とは言え、何周か走って慣れてくるとこれはこれで良い感じで、ラップタイムが揃うようになってきます。

ラップタイムは上がった?

正直、ラップタイムは変わりませんでした。

 

もしかすると、車の反応は上がっているのでもっと上手く操作すれば速く走れるのかもしれません。

 

ですが、曲がりを重視するためにもともと操作が難しい車にしていたので、ハードロワデッキにして更に顕著になったので、完全に乗りこなすのにはもう少し時間が必要かなと思います。

まとめ

今回、TT-02Type-Sをハードロワデッキに交換してみましたが、動きがピキピキになったので正直ノーマルでも良いと思います。

 

ノーマルでレースに出た先月はAメイン2位、ハードロワデッキで出た今月もAメイン2位、どちらも変わらず。

 

そして操作はハードロワデッキの方が難しいので、現時点での操縦レベルでは結局どちらでも良いかなと。

 

もっと上手くなればハードロワデッキの方が速くなるかもしれないので、もうちょっと練習してみます。

 

現時点でのまとめ

・ノーマルのロワデッキの方が操作が楽。

・ハードロワデッキの方が反応が速くて操作にダイレクトに反応するけど、セッティングによっては難しい車になるけど、まだ伸びしろがあるかも。

 

M-07の改造記事一覧はこちらをクリック
M-07の改造記事一覧はこちらをクリック
ホーネットの改造記事一覧はこちらをクリック
ラジコン記事の一覧はこちらをクリック
NSS公式HPはこちらをクリック

関連記事はありません

コメントを残す