TT-02 TYPE-SのCハブをアルミ製に交換

前回、TT-02 TYPE-Sにアルミ製のフロントアップライトを装着しました。

 

そうなると、次に負担がかかるのがCハブです。

 

衝撃の逃げ場が減ったことで、次はCハブが割れると想像できるんです。

 

強化したい。。。

 

というわけで、Cハブはカーボン強化部品に交換しました。

 

 

左がノーマルのCハブで、右がカーボン強化のCハブです。

DSC02708

あきらかにカーボン強化部品の方が固いです。(あたりまえですが。。)

 

早速交換!

DSC02707

 

交換して走ってみた感想は、コーナーの切り替えしの時に動きがシャープになった印象です。

 

よっしゃ!

 

しかし悲劇が!そしてアルミ製へ交換

Cハブをカーボン強化部品に交換して初日のサーキット走行でやってしまいました。

 

何度かクラッシュしたら、Cハブがポッキリと折れちゃいました・・・・・。

 

 

ノーマルの樹脂製の場合は、柔らかいのでクラッシュ時に力が逃げていたようで、一度も割れたことがなかったのですが

 

カーボン混入の部品は硬くて衝撃をそのまま受け付けるので、ポキッといったみたいです・・・。

 

 

交換初日で割れるなんて・・・・。

 

練習していれば、どうしてもクラッシュすることはあるしなぁ。

 

やはり、アルミ製にしないといけないかなぁ。

 

そういうわけで、やっぱりCハブもアルミ製にすることにしました!

 

 

一目瞭然ですが、左がアルミ製で右が樹脂製です。

DSC02710

 

 

早速交換!

DSC02714

 

折れるたびに交換の手間がかかる樹脂製より、やっぱりアルミ製ですね!

 

2017年7月30日追記

Cハブとナックルを両方ともアルミ製にしてから1年経ちました。

 

あれから、何回もぶつけましたが全く壊れません!

 

流石、金属製ですよね。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。