会社設立の依頼に来た人を断る理由とは?

当事務所では、いろんな依頼を受けていて、その中に会社設立業務があります。

 

 

依頼料は8万円(税別)いただく業務なのですが、毎年10件ほど依頼を断っているんです。

 

 

失う収入は、年80万円ぐらいです。

 

 

大企業のボーナス1回分ぐらいなので、ちょっとした金額ですよね。

 

 

 

この金額があれば、ちょっとした贅沢もできるんでしょうけど、それでも依頼を断っているのには「ある理由」があります。

 

 

「会社設立したい、料金も払う」と言っている依頼を断る理由

 

 

それは

 

 

 

お客さんが会社設立をするメリットがないときです。

 

 

 

お客さんが相談に来て、話を聞いた結果

「会社設立しても、お客さんにメリットがない」と判断できるケースがたまにあるんです。

 

 

 

例えば

「FXで稼いでいるのですが、税金をたくさん取られるので法人にしたい」

 

と言った依頼が来ることがあります。

 

 

でも、今はFXの税率はどんなに稼いでも20%なので、個人でやった方がトータルで得だということが意外と多いんです。

 

 

こういった依頼が来た場合は、税理士さんにシミュレーションをしてもらって、その資料をお客さんに見せて判断してもらうわけです。


スポンサーリンク

 

 

 

他にもいろんなケースがあるんですが、結果として会社設立するよりも個人でやった方が得だと判断するお客さんが年間10人ほどいるというわけです。

 

 

 

そのため、正確に言うと「依頼を断っている」のではなくて、お客さんに正確な情報を伝えた結果、お客さん自身が「会社設立をしない」という判断したということになります。

 

 

 

同業者によっては、

 

「そんなことせずに、言われたまま会社設立すればお金になるのに」

 

って言う人もいますけど、個人的には何かしっくりこないんですよね。

 

 

 

もちろん、その結果として依頼料を失ってるんですが、別にそれでいいと思ってます。

 

 

 

だって、依頼してくれても、結局お客さんのためにならないんじゃぁ、いい仕事をしたとは言えないじゃないですか。

 

 

 

そんな仕事でお金をもらっても仕方ないと心の底から思ってるので、これからも依頼を断り続けます!

 

でも、この話を嫁にしたとき、そっけなく返されてしまった・・・・・。

 

ナゼ??

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
福岡での会社設立は
会社設立代行センター福岡

ここでしか見られない重要な情報が満載

市川事務所のフェイスブックページ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。