ネオマイティフロッグのギヤデフを調整する

今回はネオマイティフロッグのギヤデフの調整です。

ネオマイティフロッグの前輪をスパイクタイヤに変更

 

 

さっそく、ギヤデフを開封

 

DSC01632

 

 

 

うぉ。。汚い・・・・・。

 

 

 

中に入っている金属製のギヤも真っ黒になってます。

DSC01630

 

 

この汚れまくったグリスを全部落としてやらないと。。

 

 

 

そんな時に役に立つのがRC クリーナースプレーです!

DSC01635

 

タミヤが販売しているのはアルコール系なのでプラパーツを痛めないとかなんとか見たことがあります。

 

 

 

安いのは石油系が多いので、こちらを選択しました。

 

 

 

では、洗浄開始です。

 

まず、小瓶に汚れたギヤを入れて

DSC01634

 

 

 

スプレーをシューっと

DSC01636

 

 

ある程度、ギヤが浸かるぐらいスプレーしたあとに、瓶にふたをしてシャカシャカ振ります。

 

 

何度かシャカシャカし後は、ちょっとだけ浸けたまま置いておきました。

 

 

 

そして取り出して吹き上げると。

 

おおっ。キレイになった!


スポンサーリンク

DSC01637

 

 

 

 

瓶の中を見てみると、汚れでいっぱいです。

 

こんなに汚れが落ちたんですね。

DSC01639

 

 

デフキャリアは新品に交換です。

 

汚れているだけなら洗浄すればいいけど、ギヤ欠けはどうしようもないですよね。

DSC01640

 

 

 

最初は、こんなにキレイだったのかと驚きです。

DSC01641

 

 

 

今回、新たにギヤデフを組み直すので、ちょっとやりたいことがありました。

 

 

ギヤデフの効き具合を調整したいなーと。

 

 

キットに付属していたグリスだと、ちょっとゆるいんですよね。

 

 

 

というわけで、少しデフの効きを重くするためにアンチウエアグリスを入れました。

DSC01643

 

 

 

あまり重くなりすぎても嫌なので、このくらいでやめときました。

DSC01642

 

これで加速力アップ!(のはず)

 

 

※ギヤデフにアンチウエアグリスを入れて調整する方法は、あまり良くないという話も聞きます。

もし、実施される場合は自己責任でお願いします。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。