アバンテだよ!当時物のアバンテだよ!

アバンテだよ!

 

今度こそアバンテだよ

 

以前、アバンテ2001をゲットしたときの事を書きましたが、今度は初代アバンテです。

 

 

ヤフオクでゲットしました!

 

 

しかも、復刻版ではなく1988年に発売された当時のアバンテです。(初代は、途中でパーツが改良されたので厳密には初期型かどうかは不明ですが)

 

 

初代アバンテである証拠に、搭載されているモーターはテクニゴールド

当時としては最高峰のモーターです。

 

ボディの状態は、まぁまぁ

ボディは、パッと見、綺麗な方でしょうか?

 

 

でも、実際はところどころに傷みがあります。

いつか、やる気が溜まったら塗り直してやろうかなと思ってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

メカ類はファインスペック2.4G 電動RCドライブセットが搭載されていました。

 

 

 

このセットは、プロポ、受信機、サーボ、ESC、バッテリー、充電器が付いてるお得なやつです。

 

 

 

ただし、性能的にはどれもローエンドで、本当に初心者向けのセットです。

 

スピードコントローラーを交換

ファインスペック2.4G 電動RCドライブセットに付いているスピードコントローラーは「TEU-105BK」です。

TEU-105BKの説明書を見る限り、使用できるモーターのターン数は25ターン以上のものです。

 

例外として23ターンのスポーツチューンは使えるということでした。

 

で、初代のアバンテについているモーターはテクニゴールドモーターです。

 

調べてみると、テクニゴールドモーターのターン数は21ターン!

 

 

んーー。アウト!

 

 

TEU-105BKでは、負担が大きすぎるみたいです。

 

と言うわけで、今回も使います「QuicRUN-1060」

 

 

このESCは値段が安いのに、12ターンまで使えます!(一般的な6セルバッテリーの場合)

 

いつもお世話になります!

 

早速搭載しました!

 

アバンテのボディの中は、かなり狭くてすぐに干渉しちゃうんですよね。

 

メカを上手くボディの形に合わせてレイアウトする必要があります。


スポンサーリンク

結果、こんな感じでメカを配置しました。

 

これで、ボディには干渉しません!

そして、ESCも新しくなってテクニゴールドにも耐えられるようになりました!

 

とりあえず完成!

アバンテは、改造するより当時のままの状態で走らせるのが良いと思うので、今回はとりあえず完成です!

 

そのうち塗装をやり直すと思うけど、とりあえずはこのままにしておきます。

 

アバンテ2001と比較

先日作成したアバンテ2001と並べて写真を撮ってみました。

 

左が初代アバンテで右がアバンテ2001です。

 

こうやって並べてみると大きさが少し違いますね。

 

 

ホイールベースもアバンテ2001の方が長いです。

 

これは、初代アバンテの走りの問題点の1つに、ホイールベースの短さに原因が有ったらしいです。

 

 

それがイグレスで改善されて、アバンテ2001に引き継がれたという歴史があるらしいです。

 

 

アバンテ向けにもホイールベースを長くするオプションが発売されたらしいですが、当時そこまでやった人はどれくらいいたんでしょう?(結構、高かったらしいし)

 

この2台のアバンテですが、まだシェイクダウンしてないので、そろそろまとめてやりましょうかね。

 

その他の写真

いっぱい写真を撮ったし、もったいないので意味もなく載せておきます。

 

当時のアバンテのメカメカしさをご覧ください。

 

シャイクダウンは、別の記事で書きますね。