ホーネットで走ったらブーメランにボロ負けした

今まで、コツコツと改造してきたホーネット。

 

フロントをオイルダンパー化したり、タイヤを替えたり、トリプルダンパー化したり。(今はボディをグラスホッパーにしてます)

 

いろいろと頑張って走りが良くなってきたので、先日友達と走ってきました。

 

 

今回対戦したのは、こちらも旧車のブーメラン。

 

で、結論から言うとボロ負けでした。

 

 

その時の模様はこちらです。(ボディはグラスホッパーですが、シャーシはホーネット)

かなり編集しているので短くなっていますが、ずっと煽られるし、簡単に抜かれるし、完全に遊ばれました。

やっぱり、リヤが跳ねるのが問題

上の動画を見てもらうと分かる通り、ホーネットはリヤが跳ねます。

 

 

一応オイルダンパーなのですが、構造上どうしても下からの突き上げに対して、ショックを吸収することができないみたいです。

 

リヤがぴょこぴょこ跳ねるので、その度にトラクションが抜けてスピードに乗らずに遅いんですよね。。。

 

 

平らなとこなら問題ないけど、多少デコボコがあるところではどうしても跳ねるんです。。。

 

 

当然、ブーメランは跳ねないですし、同じ二輪駆動のマシンでも改造したネオマイティフロッグは跳ねません。

今回の件で決意!

もう、ホーネットが遅すぎるので決意しましたよ。

 

ホーネットを四独化します!

 

面倒なので避けてきましたが、今回のボロ負けで決意しました!

 

 

というわけで、次回はホーネットのリヤのギヤボックスを改造します。


ラジコン記事の一覧はこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。