ライトチューンモーターは、意外と良いモーターだった!

この前、アバンテにライトチューンモーターを取り付けて芝生の上で走らせてみたんですが、なかなか良いモーターでした。

 

この日は、ちょっと芝の状態が硬くて、マシンが走るときの抵抗が大きく、540モーターだとパワーが足りなくてすごく遅かったんです。

 

 

そんな状態で、ライトチューンモーターを搭載したアバンテを走らせてみたところ、ウルトラスムーズ!

 

 

芝なんて関係ないって感じで加速して、すぐにトップスピードに!

 

 

川の土手なんかも、スムーズに上る上る!(このあたりは動画にまとめました)

いや~。個人的にはうれしい誤算でした。

ライトチューンモーターの回転数を比較

名称 無負荷時の回転数(7.2V)
ライトチューン 16,300rpm
スポーツチューン 約21,000rpm
トルクチューン 約19,000rpm
540J 約16,000rpm

 

こんな感じで、回転数は540モーターに毛が生えた程度なんですが、はっきり言ってトルクが違います。

 

ライトチューンモーターのトルクを比較

名称 最高効率時トルク(7.2V)
ライトチューン 55.4mNm
スポーツチューン 34.32mNm
トルクチューン 30mNm
540J 25mNm

 

こんな感じで、圧倒的なトルクです。

 

 

トルクがあるという事は、走り始めの加速が良かったり、上り坂でもすいすい進んだり、とにかく走りにパワーが出ます。

 

 

完全なフラットダートだと違いは感じにくいかもしれませんが、芝生の上のように一定の抵抗がある状態だとその力の差が手に取るように分かります。

 

 

芝なんて関係ないぜ!って感じで加速するんです。

 

 

ちなみに、こちらが540モーター搭載マシンとライトチューンモーター搭載マシンの芝生走行の比較です。

 

ちょっと見にくいかもしれませんが、走行動画を並べて表示しました。

 

消費電力も優秀!

スムーズな加速が楽しくて、それなりに走らせたんですが、走行後のバッテリー残量をチェックすると・・・。

 

 

あれっ?まだ結構残ってる。

 

 

感触的にはトルクチューンモーターとほとんど変わらない、いやいや、540モーターとほとんど変わらないという感じです。

 

初心者のアップグレードパーツの選択肢の一つ

一般的には、ラジコンの初心者が最初のアップグレードとして、モーターをスポーツチューンモーターに変更すると思います。

 

 

スポーツチューンモーターは安いし、ノーマルの540よりも少し速くなるというマイルドなパワーアップになるし良いと思うのですが、今回考えがちょっと変わりました。

 

 

今回試した、ライトチューンモーターがかなり良かったので、初心者のアップグレード選択肢としてもかなり良いのでは?と。

 

 

個人的に、ライトチューンモーターを買い足す計画をしてます^^

 

ホーネットの改造記事一覧はこちらをクリック
ラジコン記事の一覧はこちらをクリック

コメントを残す