セイントドラゴン(赤)のボディを塗装し直す

前回お伝えした通り、セイントドラゴン(赤)のボディの色がどうしても気になるので、塗り直しました!

 

これが結構大変。。。

まずは、今の塗装を剥がす

この作業が、実にめんどくさいんです。。

 

一応、プレペイントクリーナーやペイントリムーバーを使えば剥ぐことはできます。

 

 

ボディの裏(塗装された面)にティッシュを置いて、その上にスポイトでクリーナーをたっぷりたらして20分~30分待ちます。

 

 

すると塗装が柔らかくなってくるので、それをせっせと剥ぎ取るわけです。

 

 

しかし!色によって剥ぎやすさが全然違うんです。

 

 

通常の白、赤、黒などのは比較的やりやすいんですが、メタリック系はナゼか剥ぎにくいんですよね。

 

 

今回塗装されていたのが薄いゴールドでして、これがまた剥げない剥げない。。

 

 

で、何か特別なやり方があるかと思いきや

 

 

ただひたすら頑張る!

 

 

完全に根気勝負です。

 

結局、3ヶ月ぐらいコツコツ進めて、なんとか全部剥ぎました。

 

マスキング作業

当然、ウインドウ部分はマスキングテープでマスクしてます。

 

ボディの表面を保護するために、ラップで表面を覆ってボディの端っこにマスキングテープで留めています。

 

この時、ボディの取り付け穴などもマスキングテープで塞いでおきましょう!

 

いよいよ、再塗装

いよいよ塗装作業ですが、この工程は今まで何度も紹介してきましたし、以前もセイントドラゴン(青)の塗装を紹介したので今回は割愛します。

 

で、いきなり完成!

今回はウインドウ部分にはスモーク塗装しました。

 

 

黒で塗装するよりスモークの方がかっこいい気がしたんですよね!

 

 

そして完成した姿がこちら!

 

やっぱりスモークの方がかっこいいですね!

 

 

では、機会を見てシャイクダウンしますので、しばらくお待ちを~

おまけ

この日は、セイントドラゴンの青、サンダードラゴンも一緒に塗装し直したので並べて記念撮影しました。

 

世代の人にはたまらないと思うんですけど、私の周りには世代の人がいないんですよね。(ちょっと悲しい)

 

あれっ?そういえばサンダードラゴンのボディをゲットしたって事は書いてなかったですね^^;


ラジコン記事の一覧はこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。