セイントドラゴン(リッキー仕様)のシェイクダウン

セイントドラゴン(リッキー仕様)をオークションでゲットして、せっせとレストアして、ついにシェイクダウンにこぎつけました!

またまた、ボールデフが滑る

一見すると、ちゃんと走ってるように見えるかもしれませんが、結構問題ありです。

 

シューーーーっていう走行音が聞こえますか?

 

ずっと鳴ってます。

 

特に、コーナー後の加速のときに分かりやすいのですが、これはボールデフが滑ってる音です。

 

 

ボールデフが滑りまくって加速が悪すぎます。

 

 

ストレートでもずっと滑ってます。(トラクションが、少ししかかかってない)

 

 

あんなに頑張って、メンテナンスしたのに。。。。

 

 

もう決めました!

 

 

ボールデフをオーバーホールして、全部パーツクリーナーで脱脂して組み直します!

 

 

そんなわけで次回、再度ボールデフをメンテナンスするの巻です。

 

走った感想

これで終わっちゃダメですよね^^;

 

ちゃんと走った感想を書かないとね。

 

 

このセイントドラゴン(リッキー仕様)は、ダンパーがオイルダンパーではなくてフリクションダンパーなのですが、意外と機能してると言うか普通に走りました。

 

 

多少のギャップがあっても、なぜかそんなに跳ねないんですよね。(不思議)

 

 

正直、タミヤの現行2WDマシンのDT-02とかDT-03と比べても、ほとんど遜色なく走ると思います。

 

 

動画でも、後ろを走ってるトマホークがついてくるのに苦労してるのが分かると思います。

 

 

旧車なのに意外と良いマシンかもしれません。

 

 

ローエンドの2WDマシンとしては、この時(1990年に)既に完成形にあったのか?と感じちゃいました。

 

 

早くボールデフをメンテして、本来の走りを見たいですよね?

 

 

急いでメンテするので、ちょっと待ってくださいね。

 


ラジコン記事の一覧はこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。