ホーネット、グラスホッパーの四輪独立化を再度工夫してみた

以前、サンダーショットのリヤギヤボックスを使用して四輪独立化したのですが、一つ問題点が発覚しました。

 

 

単なる広場で走らせる分には問題なかったのですが、スパイクオフロードサーキットで飛んだり跳ねたりして問題発覚です。

 

 

このようにリヤを結合していたのですが・・・・

 

 

サーキットのジャンプなどで大きな衝撃を受けると、この矢印方向への力に耐えきれなくてギヤボックスがずれるんです。。。。

さぁ、困った・・・・・

 

サーキットの常連さんが教えてくれた

そんな話をしていたときです。

 

スパイクの常連さんが教えてくれたんです。

 

 

「平折れのL字金具を付けると良いよ」

 

 

なるほど!

 

 

私。オンロードの時もそうだったんですが、常連さんに教えてもらったことはすぐに試します!

 

 

早速、ホームセンターに走り、平折れ金具を買ってきました!

 

サイズは、37mm×37mmの物がぴったり合いそうなので、これを買ってきたわけです。

 

これを先ほどの問題が有る部分に取り付ければ、ズレなくなるはず(予定)です!

 

取り付け作業

作業と言っても、今回は依然取り付けていたこのパーツを平折れ金具に交換するだけです。(以前の改造の記事を見たことない方は、後でこちらも見てください

 

ほら、あっという間に出来上がりです!

 

 

こんな感じで、綺麗に付きましたね。

 

 

裏から見るとこんな感じです。はっきり言って、取り付けに使用しているパーツ類は前回と全く同じです。

 

 

この形で取り付けていれば、もう衝撃にも負けませんね!

 

今回、工夫した個所

基本的には前回と同じ取付方法なのですが1か所だけ工夫しました。

 

 

ホーネットやグラスホッパーのシャーシ側面なんですが、実は真っ直ぐではなくて、上に行くほど斜めになっています。

 

 

今回の平折れ金具は、当然真っ直ぐなので、そのまま付けると斜めになってしまいます。

 

 

なので、以前の改造で使っていた平板を噛ませることで、平折れ金具を真っ直ぐに付ける事ができました。

 

 

シャーシの裏側から見ると、この金具がはさまってるのが分かりますね。

 

追記:もう一か所、補強

上記の改良で一応は補強されたのですが、どうしても気になる個所がありまして。。。

 

 

それは、ここです。

サンダーショットのギヤボックスは本来なら、この場所も固定する仕組みになっているのですが、今は固定されていません。

 

 

なので、現状ではジャンプしたときなどにココに大きな負荷がかかります。

そんなわけで、固定する個所を増やしたいなと思ったわけです。

 

 

先ほど買った金具は4個入りだったので、あと2つ余ってます。

これを何とか取り付けられないかな?と眺めてたところ

 

 

簡単に付きました!

 

運が良いことに、サイズがぴったり!

 

もちろん逆側も取り付けました。

これで強度的には安心かな?

 

 

ボディもギリギリ干渉せずに取り付けできます。

 

完成図

 

これなら、もう一度サーキットに持って行っても大丈夫なはずです!

 

後日、フロントもダブルウィッシュボーン化しました

ホーネットの改造記事一覧はこちらをクリック
ラジコン記事の一覧はこちらをクリック

コメントを残す