ホーネット、グラスホッパーのフロントダンパーステーを強化

今日は、ホーネット、グラスホッパーのフロントダンパーステーを強化した記事です。

 

このブログやyoutubeのコメント欄でツーリングカーの記事をリクエストされてますが、そちらは作成中ですのでちょっとお待ちくださいね。

 

 

さて、本題です。

 

以前、フロントをダブルウィッシュボーン化したのですが、それを見たサーキットの常連さんにこんなことを言われました。

 

 

「あのままだと、ダンパーステーが折れますよ。」

 

 

 

正直、河川敷でのテスト走行では全く問題ありませんでしたし、バンク走行でも問題ありませんでした。

 

 

でも、ジャンプ台のあるサーキットでは壊れるような気がします。

 

 

うすうす気がついてたんです。

 

うーん。困った。。。。

 

仕方ないので、強化する

たまにはサーキットでも走らせたいので、仕方なく強化することにしました。

 

と言っても、シンプルなやり方を選択してます。

 

 

単にターンバックルを買って

 

 

左右のダンパーステーをつなぎました。

これで少し強度が上がるわけですが・・・・・・。

 

 

うーん。かっこ悪いですよね。。。

 

せっかく、ごちゃごちゃしていないスッキリした改造が気に入ってたのに、これだとなんかねぇ。。。。

 

 

しかも、普段は河川敷で走るだけなので強化する必要パーツは不要ですし、だからと言ってこのやり方だと外すのもちょっと面倒です。

 

簡単に取り外しできるように工夫

と言うわけで、この強化パーツを簡単に取り外しできるように工夫することにしました。

 

 

まずは、この25mmのセットビスを買います。

 

 

これを使って、ダンパーステーの前後にピロボールを付けます!

 

左側も同じように前後にピロボールを取り付けて

 

 

こんな感じになりました。

この後どうするかは、もう想像できますよね。

 

 

そうです、この後ろ側のピロボールに先ほどの強化用のパーツをパチッっと取り付けるわけです。

これなら簡単に取り外しできますね!

 

 

それにしても、やっぱり取り付けるとカッコ悪いですね^^;

 

 

普段は、外しておくことにしました^^;

 


ラジコン記事の一覧はこちらをクリック

コメントを残す