激安のサーボTGY-4409MDを試してみた

前から気になってたAmazonで売ってる激安のサーボTGY-4409MDを試してみました。

値段は2千円ちょっとぐらいなんですが、スペックは5千円から1万円ぐらいのサーボと同等という怪しい製品です。

 

6V時の動作は 0.11sec/60°、9.45kg.cmというスペックです。

 

 

本当にこのスペックを発揮するなら、超お買い得のサーボですよね。

 

 

広場や芝生などで走らせる分には十分なスペックです。

まずは開封

開封してみたところ、ローハイトタイプということで高さが低くて小型でした。

コードの長さも、まぁ普通かな?という印象です。

 

実際に付けてみた感想

実際に付けて、動きを確認した感想は

 

・本当に0.11sec/60°なの?もう少し遅い?

・トルクは十分にある

・これが2千円ちょっとなら買い!

 

こんな感じです。

 

この辺は文章だと伝わりにくいと思うので、動画で紹介しますね。

動画で紹介

 

どうですか?まぁまぁですよね。

 

 

比較用に使った「FUTABAのFP-S148」ですが、これって絶対にスペックの0.22secより速いですよね?

 

 

この後、「SANWAのHVS-702(0.12sec)」とも比較してみたんですが、ほぼ同じ速さでした。

 

 

そう考えると、この激安サーボのTGY-4409MDも悪くないということになりますよね。

 

 

広場で遊ぶ人や、遊び用(私で言うと、バギー用)のラジコンには十分なスペックだと思います。

 

 

実際の使用感で、国内メーカーでこのくらいのサーボを買おうと思ったら安くても5千円ぐらいします。

 

 

これが2千円ちょっとで買えるんだから、十分に選択肢として有りかなと思います。

 


ラジコン記事の一覧はこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。