サンダーショット系のユニバーサルシャフトを比較

先日、四独グラスホッパーが壊れまして・・・・。

 

リヤ部分はサンダーショットなので、プラパーツが劣化していたようで、ちょっとした衝撃でリヤアップライトがボロボロに・・・。

最近、パーツが良く壊れるなぁ。

 

 

たまたま、ドックボーンは落ちてなかったので良かったですけど、これは油断なりません!

 

いつ無くなってもおかしくない。

 

もうユニバーサルシャフトを導入することを決意しました!

 

サンダーショット系の2つのユニバーサルシャフト

サンダーショット系に使用できるユニバーサルシャフトは2つあります。

 

1つ目は、スコーチャーなどに使われていた旧式のユニバーサルシャフトです。

 

これはちょっと前まで手に入りにくかったのですが、トップフォース(2017)にも使われているのでアフターパーツとして買うことができるようにったみたいです。(1本あたり定価800円)

 

 

そして2つ目はこちら

 

DF-02用のユニバーサルシャフトです。

 

入手性の問題もあってか?復刻版のファイヤードラゴンの説明書ではこちらを使うように指定されています。

 

どっちの方が合うんでしょう?

 

DF-02用は専用品じゃないので長さが少し長いとか短いとかあるかもしれないし。

 

すごく気になったので両方買って試してみました。

 

四独グラスホッパーにつけてみた

先日、リヤアップライトが壊れたので、まずは四独グラスホッパーのリヤにつけることに。

 

こちらは取り付け前の右後輪

 

こちらは取り付け前の左後輪です。

 

せっかくだから、右にDF-02ユニバーサルシャフト、左に旧ユニバーサルシャフトを取り付けて比較してみます。

 

 

上が旧で下がDF-02用のユニバーサルシャフトです。ぱっと見、ほぼ同じ長さなのであまり差はなさそうですが、いったいどんな違いが出ますかね?

早速作業!

 

そして取付完了!

 

右後輪(DF-02用ユニバーサルシャフト)がこちら。

 

左後輪(旧ユニバーサルシャフト)がこちらです。

 

色や見た目以外は、ほとんど違いが無いように見えますよね?

 

でも、ちょっとだけ違いがありました。

 

写真だとわかりにくいのですが、実は微妙に長さが違うんです。

 

ほんの1mmだけ、旧ユニバーサルシャフトの方が長いみたいで

 

そのおかげで、車体が沈み込んだ場合に旧ユニバーサルシャフト側はデフカップにぶつかるみたいです。(デフカップにOリングを入れた場合)

 

 

Oリングを入れないと、車体が起きているときに少し緩くなるので、やっぱりOリングを入れたいなぁ。

 

 

そうなると、リヤ側はDF-02用ユニバーサルシャフトが良さそうです!

 

 

そんなわけで、両方ともDF-02用ユニバーサルシャフトにしました!

 

旧式は、スーパードラゴン(サンダーショット)に取り付け

さぁ、旧式ユニバーサルシャフトが余りました。

 

でも、無駄にする気はさらさらありません!

 

以前、スーパードラゴンをシェイクダウンしたときにフロントアップファイトが割れて、ドックボーンが行方不明になったという悲劇的事件が。。

 

 

そんな苦い思い出があるので、余ったユニバーサルシャフトをスーパードラゴンに取り付けます。

 

 

シャーシはサンダーショットなので、普通に問題なく取り付けできます。

 

 

作業は簡単!

 

 

こちらがノーマル状態です。

 

そして、わずか5分後。

 

ささっと作業して、ユニバーサルシャフトの取り付け完了!!これでアップライトが割れても大丈夫!

 

まとめ

現在使用できるサンダーショット系のユニバーサルシャフトは2つあります。

 

検証した結果、正直どちらでも良いのですが、入手性を考えると現代のDF-02用ユニバーサルシャフトがベストかなと思います!

 

M-07の改造記事一覧はこちらをクリック
M-07の改造記事一覧はこちらをクリック
ホーネットの改造記事一覧はこちらをクリック
ラジコン記事の一覧はこちらをクリック
NSS公式HPはこちらをクリック

コメントを残す