TT-02 TYPE-Sに使えるもう一つのアルミナックル

先日、TT-02 TYPE-Sをラリー化したのですが、その際に使ったアルミナックルのお話です。

 

今まで何度か書きましたが、TT-02 TYPE-Sのアルミナックルって、希少価値が高くてなかなか手に入りにくいです。(もっと作ってくれ~)

 

イーグル製でしたら、TA-07用があるのでそれを付けることもできますが、今回はネタを作るという意味もあって、こんなのを買ってみました。

TA-05VDFバージョンです。

 

本来はドリフト用なんですが、これもTT-02 TYPE-Sに使えそうでしたので試しに使ってみることにしました。

 

ノーマルのナックルと比較してみると、取付穴が増えただけのような気がしたんですが、よーく見ると異なる箇所がありました。

 

分かりますか?取り付け用の穴が、半分ずれてるんです。

ということは、標準と全く同じ取付位置にはできないってことになりますね。。。

 

アッカーマンが少し変わるって感じです。

 

 

まぁ、いっか。

 

そんな違いを感じれるほどの腕でも無いし大丈夫!

 

上記のステアリングの取り付け穴が半分ズレている以外は、ノーマルと同じ仕様だったので気にせず取り付けます!

 

取り付けは簡単!標準の説明書通り!

基本的には、先ほどの穴の位置が違うだけで、それ以外は同じなのでTT-02Sの説明書どおりでOKです。

取り付けか所は、真ん中にしました。

 

ステアリングロッドが若干ハの字になる形となります。

 

テスト走行した結果

先日テスト走行しましたが、はっきり言って全く問題なかったです。

 

普通にアルミナックルとして使えます(当たり前か^^)

 

走行感に違いも感じなかったし、スクエア製なので丈夫だし、何の不満もありません!

 

この商品も在庫があまり無いですが、TT-02 TYPE-Sのアルミナックル探している場合は、選択肢として有りです!

 

M-07の改造記事一覧はこちらをクリック
M-07の改造記事一覧はこちらをクリック
ホーネットの改造記事一覧はこちらをクリック
ラジコン記事の一覧はこちらをクリック

コメントを残す