行政書士・社会保険労務士 開業3年は食べていけない?

開業3年は食べていけない?

 

 

誰が言い始めたのかは知らないんですが、なんだかよく聞く言葉じゃないですか??

 

実は、私も開業時に、現役の司法書士・行政書士さんに言われました。

 

 

 

「そんな簡単に仕事を取れるもんじゃないよ」

 

「食べていけるまで3年はかかるよ」

 

「うちは、司法書士・行政書士を兼業してるけど、行政書士の仕事なんてほとんど入ってこないよ」

binbou

 

 

 

こんな感じで結構きびしい言葉ばかりです。

 

 

 

でも、本当に3年かかるんでしょうか?

 

 

 

そして、行政書士の仕事なんてないんでしょうか?

 

 

 

同じようなことが社会保険労務士でも言われるようですが果たしてほんとうでしょうか??

 

 

 

いいえ。

 

 

 

はっきり言って、そんなことはありません。


スポンサーリンク

 

 

 

開業1年目から仕事を取って、その収入で生活することは不可能でありません。

 

 

 

実際に私も、1年目から行政書士の仕事だけで生活していました。

 

 

きちんと集客ができれば、1年目であろうと関係ないのです。

 

 

 

確かに、開業して3年の間、ほとんど仕事も収入もない人はたくさんいます。

 

 

 

しかし、そもそも開業して3年も安定しないのは、その人の営業方法、集客方法が間違っているだけなのです。

 

 

 

そのような人は、運がよくない限り、何年経ってもそれほど収入は安定しません。

 

 

廃業に向けて一直線です。

 

 

 

とにかく集客が大切です。

 

 

お客さんに来てもらわないと何も始まりません。

 

 

これができれば、行政書士でも社会保険労務士でも1年目から、その収入だけで食べていくことができます。

 

 

 

で、その集客ってどうやるの?そう思われると思います。

 

 

ただ、その集客方法にはいろんな方法があって、これを語るだけで本が1冊できてしまいます。

 

とてもブログだけで書ききれないんです。

 

 

ですので、皆さん個別にいろいろと試行錯誤して自分なりのやり方を確立してください。

 

 

 

(でも、希望が多ければ、小冊子にでもまとめてみようかなぁ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。