先日、社会保険労務士試験の合格発表がありました!

 

 

合格率は、7.0%(過去10年間で最低)

omamori_goukaku

 

確かに、簡単な試験ではないですよね。

 

 

 

今日、社労士試験について書かれてあるブログを、なんとなーく眺めていたんですが

 

 

その時に、個人的に初めての発想に出会いました

 

 

 

そのブログには「社労士試験は、100人中93人が落ちる試験」って書いてあったんです!

 

 

 

個人的に、完全に初めての発想です!

 

 

・・・・・・。

 

 

・・・・・・。

 

 

・・・・・・。

 

 

 

この話を嫁にしたら、何が初めての発想?って顔をされました。。。。

 

 

 

でも、私にとっては初めての発想だったんです!

 

 

 

なぜかというと、私は合格率7%と聞くと「100人中7人が受かる試験」または「約14人に1人が受かる試験」と考えるんです!

 

 

 

今まで6つの国家試験を受験してきたのですが、全て、「○人中○人が受かる」という発想で受験しました。

 

 

 

熱弁する私に嫁が一言

 

 

「普通の人は、○人中○人が落ちるって考えるやろ」

 

 

・・・・・・。

 

 

・・・・・・。

 

 

・・・・・・。

 

 

自分は普通じゃないのか(>_<)

 

 

でも、くじけません。

 

 

 

コレだけははっきり言えます!

 

 

「○人中○人が受かる」という発想を持つ人の方が絶対に合格しやすい!

 

 

 

なぜなら、「○人中○人が落ちる」という発想は「落ちる」というマイナスの考えが入ってる

 

 

 

これは、受ける前から負けてますよ。

 

 

 

「○人中○人が受かる」という発想は「受かる」というプラスの考えで試験に臨んでる

 

 

 

絶対こっちの方が合格しやすいです。

 

 

 

この考え方は本当におすすめです。

 

 

これから、社労士試験を受ける方は、「○人中○人が受かる」というプラスの考え方で勉強しよう!

 

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログは、ふざけていても仕事は真面目
行政書士・社労士市川事務所の公式HP

ここでしか見られない重要な情報が満載

市川事務所のフェイスブックページ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□