四独グラスホッパーがクラッシュで壊れたので強化した

先日、サーキットで四独グラスホッパーを走らせたら、軽いクラッシュで壊れました・・・・。

 

この部分の強度が弱かったようで、ちょっと前輪に負荷がかかるとサスボールが抜けるんです。

 

サーキットでは、まともに走れませんでした。

 

と言うわけで応急処置。

 

とりあえず結束バンドで硬く閉めて、サスボールを抜けにくくしたら、とりあえず大丈夫でした。

 

応急処置の状態で走ってみた

一応、ちゃんと走りました。一安心。

 

家に帰って、本格的に補強した

さすがに結束バンドでは、カッコ悪い!

 

と言うわけで早速強化しました。

 

タイヤに負荷がかかった時に、この部分がたわんでしまって、サスボールが抜けるわけですので、この部分をどうにかすれば良いですよね。

 

この部分に、詰め物をすればなんとかなりそうな感じがします。

 

 

ちょうど良さそうなものを探してたら、見つかりました。タミヤで一般的に使われているサーボに取り付けるやつです。(今回はTT-02のキットについてたやつ)

 

 

これをここにはめ込むと、ピッタリ!これがシンデレラフィットと言うものなのか!

 

表側からは、サーボの固定用の穴が有って、ちょうどここがピッタリな位置でした。(ラッキー)

 

 

左右とも付ければ完璧!

この状態なら、たわまなくなったので大丈夫そうです!

 

 

実際にサーキットで走行した結果、かなりの勢いでクラッシュしたときでも、まったく壊れませんでした!

 

改造成功です!

 

M-07の改造記事一覧はこちらをクリック
M-07の改造記事一覧はこちらをクリック
ホーネットの改造記事一覧はこちらをクリック
ラジコン記事の一覧はこちらをクリック
NSS公式HPはこちらをクリック

コメントを残す