ホットショット(タムテックギア)の電源スイッチの場所を変更する

最近あまり記事にしてなかった、ホットショット(タムテックギア)を取り上げたいと思います。

タムテックギア_採用

 

 

ゆるーく走る場合や、小規模なコースなどで使い勝手の良いホットショット(タムテックギア)ですが、ちょっとした不満がありました。

 

 

 

受信機のスイッチをON・OFFするたびにボディを外さないといけないのがイマイチです。

 

 

 

なんでこんなところにスイッチがあるんだ??

結構めんどくさいんですよね。コレ。

DSC00621

 

 

 

 

まぁ、そんなことを言っても仕方がないので改造です。

 

 

 

何とかボディーの外に移動させて便利にしたい!

 

 

 

 

そんな思いから、とりあえずスイッチの両面テープを外して後ろに移動

(ちなみに、写真の位置まで移動させるには、ダンパーを固定しているパーツを外す必要があります。)

DSC01347

 

 

 

 

ボディーの外に移動した場合、走行時に砂やほこりがスイッチに入って、スイッチの動きが悪くなるので、それを防止するためにビニール製のケースをかぶせてます。

 

 

 

ちょうど、ネオマイティフロッグについていたケースがぴったりサイズでした。

 

 

 

さて、ここからが問題です。

 

 

 

スイッチを移動したのは良いけれど、どこに固定しよう・・・・。

 

 

 

 

リヤ部分はこんな感じです。このどこに設置するか。(できるのか?)

DSC00413

このリヤ部分とにらめっこする事10分

 

 

何か、ちょうどモーターの上の部分にネジを固定できそうな穴が開いてるなぁ。

 

 

これを活用できるんじゃないか!

 

 

でも、スイッチを直接固定できそうにいはありません。

 

 

更に考えること5分

 

 

 

そこで思いついて作成したのがこちらです。

DSC01345

DSC01343

DSC01342

 

 

これをどのように使ったかと言いますと

 

 

まず、これをスイッチにかぶせて、ネジで固定します。


スポンサーリンク

 

 

そして、これを先ほどのモーターの上に空いていた穴を使ってネジ止めするんです!

 

 

 

 

完成した写真がこちら。先ほどの穴にネジ止めされています。

DSC01348

DSC01350

 

 

 

 

内側を上からのぞくとこんな感じです。

DSC01352

 

 

 

左右からネジ止めされてるのが分かりますね。

DSC01354

 

 

 

ちなみに、右側から止める場合、ギヤボックスが干渉しますので外して作業します。

DSC01353

 

 

 

よしっ!

 

これで、わざわざボディを外さなくてもスイッチのON・OFFができます!

 

 

 

 

ん?

 

 

このケースは何を使って作ったのって?

 

 

ああっ。これは激安の素材を使ってます。

 

 

 

それはこちら!

DSC01358

DSC01359

 

 

100円ショップで買えるクリヤブックです!

 

 

 

 

この表紙部分をこんな感じで切り取って、折り曲げたりテープで張り付けたりして先ほどのケースを作成しました。

DSC01346

 

 

 

経済的ですよね。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。